大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
はしるってなに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はしるってなに

  • 絵本
文: 和合 亮一
絵: きむら ゆういち
出版社: 芸術新聞社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年06月25日
ISBN: 9784875863595

AB判 上製 / 32頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

あの不条理なできごとにより、父と離れ避難生活を余儀なくされる少年。眼前の海に故郷の海や友人たちを重ね、寂しさが募る。電話先の父はそんな弱気を見通して「はしることは いつもひとり」と諭すが……。

福島の原発事故をモチーフに、故郷とは何か、自立とはいかなることか、そんな問いへの答えを、少年の成長と悟りの中に託した絵本。困難の先にある希望を、きっと感じ取ることができるだろう。

はしるってなに

ベストレビュー

自分に問いかける故郷への思い

小学校6年生の読み聞かせに使いました。
東日本震災の津波と、福島第一原発の爆発で、故郷の富岡町を離れ、青森の浅虫の親戚に身を寄せた少年が、走ることで自分自身に問いかけ、自分自身の答えを見つける、お話(詩)です。
浅虫と富岡の海の風景の対比、忘れられない津波の恐怖、きむらゆういちさんの荒々しい絵が、問いかけるように迫ってきました。
そして、何より「走る」という行為の中に、父親が込めた意味をしっかりと受け止めた少年は、走ることの孤独の中で自分自身を乗り越えるという素晴らしい成長を遂げたことに、拍手をしたいと思いました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きむら ゆういちさんのその他の作品

いもさいばん / ほっとほっとホットケーキ / オオカミのはつこい / おでかけ版 こちょこちょあそび / 完全版 あらしのよるに / あっかんべろ〜ん



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

はしるってなに

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット