貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
いぬくんぼくはいいこだから…
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いぬくんぼくはいいこだから…

  • 絵本
作: きむら ゆういち
絵: ふくざわ ゆみこ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「いぬくんぼくはいいこだから…」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年08月
ISBN: 9784591135396

2歳〜5歳
20cm x 20.5cm/38ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

いろーんなタイプの おともだちと なかよくなれると いいね!
 「うちの子のときもほかの子どもたちと
  うまくやっていけるかとても心配でした。
  そんな気持ちから生まれた絵本です。
             きむらゆういち」

約束をまもらない友達にきびしい子の おはなし
12支の どうぶつたちが
かよっている「じゅうにしえん」に
あそびにきてね。

いぬくんはね、
やくそくを まもらない おともだちを、
きびしく ちゅういします。
だけどね、きがついたら
じぶんも やくそくを やぶってしまっていて・・・・・・。

ねえ、みんなだったら どうする?

ベストレビュー

その場その場での考える力

12支の どうぶつたちが
かよっている「じゅうにしえん」のお話です。

今回の主人公は、いぬくん。

いぬくんは、
先生に言われたことをしっかり守り、
約束を守らない友達を厳しく注意します。

言っていることは確かに正しいけど、
ちょっと厳しすぎて、怖いって思われてしまいます。

そんないぬくんが、不可抗力で
いいつけをやぶってしまいます。

「もう だめだ」
と落ち込むいぬくんだけど、

「おもっていたことと
ちがうことになるのは、だれにでも あるよ。
みんなにも、いぬくんにもね」
「そのとき どうするか、を
かんがえられたら いいね」
という先生からの言葉がとても素敵!

帰り道は、まじめだけど、
言い方がやさしくなったさるくんがいました。
(沙樹さん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きむら ゆういちさんのその他の作品

あいたくなっちまったよ / へんがおあそび / うんどうかいがなんだ! / そのままのキミがすき / あなたなんてだいきらい / されどオオカミ

ふくざわ ゆみこさんのその他の作品

モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの / ぎょうれつのできるレストラン / もりのホテル / パン ぱくぱく / モモンガのはいたつやさんとミーちゃんへのプレゼント / ひつじちゃん みんなに いいおかお



『はやくちことばで おでんもおんせん』イベントレポート

いぬくんぼくはいいこだから…

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット