もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
わたしのおうちあなたのおうち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしのおうちあなたのおうち

  • 絵本
作: マウリーン・ロフィー
訳: さがの やよい
出版社: 童話館出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年04月
ISBN: 9784887501355

A5変

内容紹介

ここは、こねこのおうちでしょうか。いいえ、ちがいます。ここは、いぬのおうち、いぬごやです。ええ、そうですとも…。小窓のついたページをめくると、様々な動物たちが登場する仕掛け絵本。

ベストレビュー

子供が自分でページをめくりたがります

1歳7ヶ月の娘が特に気に入っている絵本です。

『はらぺこあおむし』のように穴の開いている絵本です。
最初に見たときは「地味な絵本だな〜」と思ったのですが
娘の食いつきがとてもよく、たくさんある絵本の中から
いつもこの絵本を持ってきます。

動物好きなので、動物がたくさん出てくるのも嬉しいのでしょう。
穴の部分に手を突っ込んでページをめくったり
とにかく自分でめくるのが楽しくて仕方ないようです。
「ここは○○のおうちでしょうか?」
という繰り返しも心地いいです。

仕掛け絵本の類は、子供に媚びた内容のものも多い中
この絵本はしかけも内容もよくできており、文学性を感じます。

童話館出版の赤ちゃん向けの絵本は、人によっては「?」と思うものも多いのですが
これはわりとわかりやすく面白い内容です。

絵本の紙質も童話館にしてはそこそこ厚く、わりと丈夫な紙でできていたのも好印象でした。(とはいってもボードブックではありません)

オススメです!
(まゆくらぶさん 30代・ママ 男の子6歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

さがの やよいさんのその他の作品

ねこのモグとかぞくたち / わたしのくまちゃん



『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』中根克明さんインタビュー

わたしのおうちあなたのおうち

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット