宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ぐりとぐらの てづくりブック
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぐりとぐらの てづくりブック

編: 福音館書店編集部
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「ぐりとぐらの てづくりブック」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年09月05日
ISBN: 9784834080124

読んであげるなら・ 3才から
16P/27X20cm

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


大賞決定!豪華サイン本は誰の手に!

出版社からの紹介

「ぐりとぐら」シリーズに登場するお料理レシピや、人形、折り紙のつくり方が絵本になりました。ペーパークラフトキット「えほんのこばこ」がついています。

ぐりとぐらの てづくりブック

ぐりとぐらの てづくりブック

ぐりとぐらの てづくりブック

ぐりとぐらの てづくりブック

ベストレビュー

手づくりの世界を体験

親子で『ぐりとぐら』シリーズの大ファンです。子供が小さい頃から繰り返し繰り返し読んできました。もう50年も愛され続ける絵本があるというのは、本当に素晴らしいと思います。
ぐりとぐらのお話では、いつもふたりで料理をつくったり、いろんなものを手づくりしています。そんなぐりとぐらの手づくりの世界を、自分も体験できるなんてとても素敵です。
娘と一緒にぐりとぐらの顔を折り紙でつくった時には、「ぐりのぼうし方がとんがってるんだね」と盛り上がりました。
ますます、ぐりとぐらの世界が好きになりそうです。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子6歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


福音館書店編集部さんのその他の作品

おじいさんが かぶを うえました / さんにんのピエロ / いまは昔むかしは今別巻 索引―いまは昔むかしは今 / うさこちゃんのたんじょうび / なぞなぞの本



宇宙の姿が味わい深いイラストを通してわかる学習しかけ絵本

ぐりとぐらの てづくりブック

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット