あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ただいま! マラング村
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ただいま! マラング村

  • 児童書
作: ハンナ・ショット
訳: 佐々木 田鶴子
絵: 斉藤木綿子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年09月09日
ISBN: 9784198636784

小学校低学年〜
A5判

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ツソはアフリカのタンザニアにすむ小さな男の子。おにいちゃんといっしょに、キリマンジャロという高い山のふもとの村の、おばさんの家でくらしていますが、食べ物は少ししかもらえません。
あるばん、ツソはお兄ちゃんと、夜中に家をにげだしました。たどりついたのは、村からいちばん近い、バスターミナルのある町。ここからバスに乗って、もっと大きな町に行こうと思ったのです。
ところが、翌日出るバスをいっしょに待っていたはずのお兄ちゃんとはぐれてしまったツソ、道ばたでくらすようになりました。数年後、町で〈シスター〉と出会ったツソは、寄宿舎に入ることになり…?
路上でくらす男の子がふたたびふるさとをたずねるまでを、やさしい語り口でえがきます。さし絵多数の、実話にもとづく物語。

ベストレビュー

事実をもとにして書いた物語

小学校中学年以上の子に勧めたくて読んでみました。

事実をもとに書いた本なので、物語風なノンフィクションです。
この本を読むと、世界にはお金がないために、子供が働かかざるを得ないケースがまだまだあることに気づかされます。

ノンフィクションというと、筆者がモデルになっている人のことを語っているイメージがありますが、この本の場合は、物語の作りになっているので、読者は物語として読めると思います。また、ツソ(主人公)になって物語の世界を旅することができるところが楽しいです。

といっても、楽しい内容ではないのですが、ツソの人生が大きく変わるところが、とても読み応えがあります。
日本の子供は学校へ通って勉強することが当たり前なので、そのありがたみがわからないかもしれませんが、この本を読むと、教育を受けることで、将来の選択肢がぐっと広がることに気づかされます。

事実に基づいた物語ですが、物語としても楽しめます。読んだ後の満足感もひとしおです。物語が好きな子も、ノンフィクション好きな子も楽しめます。
(MAYUCLUBさん 40代・ママ 男の子11歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐々木 田鶴子さんのその他の作品

岩波少年文庫 魔法の学校 −エンデのメルヒェン集 / はだかのサイ / バッタさんのきせつ / 岩波少年文庫 グリム童話集 下 / 岩波少年文庫 グリム童話集 上 / 1+1=2 たんじょうびに ともだち なんびき くるかな?



大人気「ちいさなエリオット」シリーズ第三弾は遊園地へ

ただいま! マラング村

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット