くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本ナビ限定・ももんちゃんタオルも販売♪ 『だいすき!ももんちゃんフェア』開催中です♪
【愛蔵版】はだしのゲン(1)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

【愛蔵版】はだしのゲン(1)

  • 児童書
作・絵: 中沢 啓治
出版社: 汐文社

本体価格: ¥1,200 +税

「【愛蔵版】はだしのゲン(1)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1988年01月
ISBN: 9784811300405

小学校中学年から
四六判 275頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

敗戦まぢかのヒロシマの町、食糧難でうえる子どもたち。国民学校1年生の中岡ゲンは、絵付け職人の父をはじめ、幸福な日々を…。

ベストレビュー

賛否が有るのは、当たり前ではー

自信をもって薦められるかは 正直、疑問ですが、
残酷なシーンもあります。
ショックもうけます。
これは…と
思うシーンもあります。
ただ、戦争で広島と長崎に
原子爆弾が落とされた事。
多くの人が苦しみ、悲しい思いを
した事は、事実です。
広島市内の学校に通っていた頃
平和教育として 原爆ドームに行ったり被爆された方からの
お話をうかがった事は、
今を思うと良い経験だったと感じています。
この本は、
戦争がどれだけの人々を悲しい思いにさせるかを教えてくれます。
日常の生活がどれだけ有難いか
平和の大切さを考えさせてくれる
きっかけを与えてくれていると
思うのです。
(みつばぁばさん 40代・その他の方 女の子18歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中沢 啓治さんのその他の作品

はだしのゲン わたしの遺書 / 【愛蔵版】はだしのゲン(7) / 【愛蔵版】はだしのゲン(6) / 【愛蔵版】はだしのゲン(5) / 【愛蔵版】はだしのゲン(4) / 【愛蔵版】はだしのゲン(3)



「きむらゆういち先生ミニトーク付おはなし会イベント」レポート

【愛蔵版】はだしのゲン(1)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット