宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
はだしのゲン わたしの遺書
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はだしのゲン わたしの遺書

  • 児童書
著: 中沢 啓治
出版社: 朝日学生新聞社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「忘れてしまうことが大事なこともあるが、これだけは忘れてはいけない」
「はだしのゲン」作者が次の世代に遺す心からのメッセージ

 小学1年生のとき、広島で被爆し、父、姉、弟、妹を亡くした著者(73歳)は、原爆を題材にした漫画『はだしのゲン』を発表し、大きな反響を巻き起こしました。2009年に白内障で漫画家を引退し、現在は肺がんをわずらっています。
 その著者が、いま、どうしても、伝えておかなければという気持ちから著したのが本書です。原爆と原発について、またそれを乗り越える人間のたくましさについて、自身の半生を振り返りながら語っています。
 「はだしのゲン」の印象的なページも抜粋して、多数掲載しています。
 中学以上で習う漢字には原則としてルビをうってあります。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中沢 啓治さんのその他の作品

【愛蔵版】はだしのゲン(1) / 【愛蔵版】はだしのゲン(6) / 【愛蔵版】はだしのゲン(5) / 【愛蔵版】はだしのゲン(4) / 【愛蔵版】はだしのゲン(3) / 【愛蔵版】はだしのゲン(2)



翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

はだしのゲン わたしの遺書

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット