大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
ちいさなぬま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちいさなぬま

  • 絵本
作: 井上 コトリ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年08月26日
ISBN: 9784061325524

読み聞かせ:4歳から 
ひとり読み:6歳から
19.0×25.0cm 32ページ

みどころ

しんと静まりかえった深い深い森の奥にその「ちいさなぬま」はありました。
あまりにも長く独りきりだったので、自分以外の動物たちとどう接したらいいかわからない。さびしくて、心細くて・・・。本当は、ただ仲良くなりたかっただけ。ただお友だちになって欲しかっただけなんです。でも、不器用でさみしがり屋の「ちいさなぬま」は、帰ろうとする動物たちに嘘をついてつぎつぎと飲みこんでしまうのです!

ある時「ちいさなぬま」は、水色の目をした女の子に出会います。
女の子は好奇心いっぱいのキラキラした目で、「ちいさなぬま」の心の扉をノックします。それは、「ちいさなぬま」にとって今までに感じたことのない嬉しい初めての体験。楽しくて思わず一緒に笑ったり、悲しくなって大声を出しながら大粒の涙を流したり、今まで抑えていた感情がむきだしになって暴れだすのです。そんな様子を見ていた女の子が落ち着いて言い放つ、シンプルだけど力強い魔法の言葉。それは「ちいさなぬま」のどんより濁った心を綺麗に洗い流し、そこに新しい「ちいさなぬま」を誕生させるのです!

沼が物語の主人公という、とてもユニークなお話を生み出したのは、絵本デビュー作が『わたしドーナツこ』の井上コトリさん。あたたかく可愛らしいタッチのイラストなのに、その奥には一筋縄ではいかないような、ちょっぴりこわさと物悲しさも顔を覗かせる心に響くイラストを描かれています。ファンタジーで想像力あふれる物語の根底には、「さびしさ」「ともだち」というテーマに真正面から向き合っているそんな井上さんの真剣な気持ちが伝わってきます。
子どもに読んだら、どんな反応を見せてくれるのでしょう。大人が読んだら、いろいろな事を考えるきっかけになるかもしれません。

もちろん表紙の可愛らしいデザインのままに、絵本の中でも森の中の出来事がとてもキュートにスタイリッシュに描かれています。そして絵本を手にとったら、是非カバーをはずしてみてください。そこではこの絵本が全く違う表情を見せてくれますよ。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

ちいさなぬま

出版社からの紹介

ひとりぼっちは、もういや! さみしい沼が友だちをつくるお話。ずっとひとりぼっちだった沼は、動物たちに会ってもなかよくなることができません。でも、ある日女の子と出会って、沼の中でなにかが変わりました。

ベストレビュー

純粋な心

女の子の純粋な心が、沼の孤独な気持ちを救ってくれたのだと思うと私もゆっくり、ゆっくりの7歳の孫に感謝しました。脳にダメージを受けたけれど、7歳の孫はこの少女のようにいつまでも純粋でいれるから幸せなんだと確信できたのが、この絵本に出会えてよかったと思いました。人に接するにはこの女の子のように純粋な心で接しようと思いました。とても考えさせられる絵本でした。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


井上 コトリさんのその他の作品

やまとうみのゼリー / まちの ひろばの どうぶつたち / かきたいな かきたいな / わたしドーナツこ / 慣用句 おもしろからだことばかるた



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

ちいさなぬま

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット