ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【フェア開催中!】入園、入学、進級のお祝いにオススメのグッズ、セットを集めました♪
レッツがおつかい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

レッツがおつかい

  • 児童書
作: ひこ・田中
絵: ヨシタケシンスケ
出版社: そうえん社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年01月
ISBN: 9784882644767

小学校低学年〜
20cm x 15.4cm
64ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

レッツは5さい。5さいのレッツがはじめてのおつかいにでかけます!? どんなおつかいになるのかな? レッツがはじめてひとりで外にでるお話。

ベストレビュー

5歳のレッツが語る5歳のレッツの話

幼年童話「レッツ」シリーズの3巻です。
「レッツとネコさん」の1巻では、5歳のレッツが3歳だったころのことを思い出しながら、お話が進んでいきました。
「レッツのふみだい」の2巻では、5歳のレッツが4歳ころのことを思い出しながら……以下同文。

今回は5歳のレッツが5歳のままでお話が進んでいきます。
レッツの“今”です。
「はじめてのおつかい」に一人で勝手にチャレンジする話。
さすがレッツ、やることが大胆で、やると決めたら行動が早いです。

このお話には小さな子どもが一人で外を歩いた時の怖さが描かれていました。
例えば電車の自動改札口。小さな子が親くらいの年代の人と一緒に通れば捕まらずに通れてしまうこと。
一人でフラフラしていて、「お母さんは?」と聞かれた時、適当な大人を指さすとそれが本当の親でなくても、聞いた人は安心してしまうこと。
レッツでなくても出来そうだから怖いなと思いました。

今回のおはなしは、これまでの面白い感覚では読めなくて、
ドキドキしながら読みました。
短い幼年童話なのに哲学している内容でした。

最後のページのイラスト(レッツがお父さんとお母さんの頭をなでている絵)が心を和ませてくれました。
ヨシタケシンスケさんの絵って、ヒコ田中さんの物語との相性がいいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ひこ・田中さんのその他の作品

なりたて中学生 上級編 / ハルとカナ / モールランド・ストーリー2 ロックなハート / 今すぐ読みたい!10代のためのYAブックガイド150! / なりたて中学生 中級編 / なりたて中学生 初級編

ヨシタケシンスケさんのその他の作品

世界が若かったころ / 二番がいちばん / なつみはなんにでもなれる / ことわざ生活 あっちこっち2冊セット / ことわざ生活 あっち篇 / ことわざ生活 こっち篇



好評につき第2弾!23人の絵本作家からの手紙

レッツがおつかい

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット