しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
今年はもっと楽しむ!絵本ナビのハロウィンパーティ
とんとんとん!だれかな?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とんとんとん!だれかな?

  • 絵本
文: ミカエラ・モーガン
絵: デイヴィッド・ウォーカー
訳: ひがし かずこ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年08月31日
ISBN: 9784265850495

3才向け
A4変型判 22.1×22.0
25頁

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


デイヴィッド・ウォーカーさんにインタビューしました!

出版社からの紹介

とんとんとん!だれかがドアをたたいているよ。にぎやかな動物たちが大集合!世界でいちばんかわいいあかちゃんに会えるかな?ドアをめくれる、楽しいしかけえほん!

ベストレビュー

自分で扉を開けています

1歳半の息子が、同じ方がイラストを描かれているだいすきぎゅっぎゅっの絵本が好きなので購入しました。
新しい物には選好みをする息子ですが、やはり同じタッチの絵が好きなのか、あっさり反応しました。

仕掛け絵本のようにページ毎に扉が付いていて、様々な動物が訪れます。
スカンク、カンガルーなど、幼児向けの絵本では馴染みのない動物も登場するので、
最初はぽかーんとしていましたが、何度か読むうちに覚えたようで、
今はスカンクのページでは鼻をつまんで「くさいくさい」とやっています。
また、扉を開けるのが楽しいのか、ページをめくるとすぐに自分で扉を開けたがっています。

今まで息子が見てきた絵本の中では文章量が多めで、それも扉を開けた後の文章が少し長めです。
早く次の扉を開けたくて、読んでいる途中でページをめくってしまい、
じっくりお話を聞くことをしないので、息子にはまだ少し早かったのかもしれません。
最後にパパママと赤ちゃんのページはお気に入りなのか、そこだけ最後まで聞いています。
(rucchiさん 30代・ママ 男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ミカエラ・モーガンさんのその他の作品

ゆうかんなねずみくん

デイヴィッド・ウォーカーさんのその他の作品

きみが うちに くるまえ… / おひるねしましょ / くまちゃんといっしょ!おかちゃんのおうたえほん / だいすきぎゅっぎゅっ ギフトセット / おおゆきくまちゃん / よるのおさんぽ

ひがし かずこさんのその他の作品

ペネロペとおむつのふたごちゃん / ペネロペといつもなかよし ベビーギフトセット / おはなしえほん ペネロペ ゆきあそびをする / ペネロペのたのしいハロウィン / ぬのえほんベビー ペネロペとあそぼう / ペネロペとハローキティ りんごケーキをつくる



『BigBook ふしぎのくにのアリス』 <br>藤本真央さんインタビュー

とんとんとん!だれかな?

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット