宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
うちへ帰れなくなったパパ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うちへ帰れなくなったパパ

  • 児童書
作: ラグンヒルド・ニルスツン
絵: はた こうしろう
訳: やまのうち きよこ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年09月
ISBN: 9784198603632

小学校低・中学年〜
A5

出版社からの紹介

あるところにパパがいた。ごくふつうのパパだった。でも十二月のはじめのある日、パパはうちへ帰れなくなってしまった。仕事に夢中だったパパは、ママと子どもたちが引っこした新しい家の住所を、よく知らなかったから。それに、バスの中で、小さなよその男の子が、「パパってなんの役に立つの」なんてたずねたからだ。…でもぼくは男だ、がんばるぞ。なんとしてもうちに帰ってやる…。そしてさまざまなふしぎな人たちと出会ったあとで、パパがたどりついたのは…。ユーモラスでちょっぴりほろにがい、ゆかいなパパのぼうけん物語。

ベストレビュー

家に帰りたかったパパ

もしも自分の帰る家が判らなくなったらとてもつらいだろうな。
あり得ない話だと思いながら、お父さんの心理を考えました。
帰りたい気持ちの裏で、帰りたくない気持ちが邪魔をしていたのかも知れません。
引っ越したばかりの家が解らない。
奥さんと喧嘩した。
精神的な要因で、お父さんは何日も何日も、家のある辺りの前をバスで通りすぎてしまいます。
お話の転回が面白いのであっという間に読み終えてしまいましたが、最後にホロリとしてしまいました。
お父さん自分にとって大事なものに気づいたようです。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


はた こうしろうさんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / どしゃぶり / えほん遠野物語 でんでらの / にちようびのぼうけん! / プレゼントは魔法のほうき / おおきなドーナツ

やまのうち きよこさんのその他の作品

トロルのなみだ / ちいさなミリーとイルカ / ちいさなミリー 全3冊セット / ちいさなミリーととり / ちいさなミリーとにじ / マーヤのやさいばたけ



細田守監督&tupera tuperaさん対談インタビュー

うちへ帰れなくなったパパ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット