うみのいきものかくれんぼ うみのいきものかくれんぼ
作: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
さかな、たこ、いるか、かになど、うみのいきものがいっぱいのかたぬきえほんです。うつくしい色と形で、いきものの名前をあてっこできる絵本です。
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
噴砂
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

噴砂

  • 児童書
作: おぐろ よしこ
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「噴砂」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年06月
ISBN: 9784835449494

20.6×18.3cm 上製 32ページ

出版社からの紹介

スタジオジブリ・宮崎駿監督推薦!! 「手作り絵本の会」で30年間絵本作りを学び、『やさしさのタネ』で絵本作家としてのデビューを飾ったおぐろよしこ。その著者が、あの3月11日東日本大震災の日に、遠く千葉県で起きたこと、その後の被害状況を絵と文で描く“記録絵本”。二度と同じ過ちを繰り返させないために…ぜひ、お子さまと一緒にお読みください。

◆内容
あるあたたかい春の日、突然大地が波打った。
揺れがおさまり歩き出した著者が見た、信じられない光景。公園で、道路で、庭で、地面が割れ、土砂まじりの水が噴き出ていた。あとから、あとから…。
子どもの時、潮干狩りに来た海。埋め立てられて家が建ち、「終の棲家」と思っていたのに。
千葉県で起きた液状化被害。千葉在住の著者が、自らの経験を絵と文で記録した“問題作”です。

噴砂

ベストレビュー

意外と忘れられてしまった身近な災害

東日本大震災は、津波、原発と衝撃的なキーワードと地方性で語られているけれど、実は離れた千葉、東京湾内でも被害があったということは、そばに住んでいる自分にとっても希薄になってしまいました。
場所は浦安、ディズニーランドの近接地で、液状化現象のために大被害にあったことを絵本で見るのは始めて。
この災害が埋もれてしまわないように、この絵本も必要だと思います。
ただし、もう少し読者にわかりやすくしないと、知らない人には実感しにくい内容だと思いました。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

おぐろ よしこさんのその他の作品

やさしさのタネ



くんぺい童話館 東英子さんインタビュー

噴砂

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット