もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
くすのきだんちのなつやすみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くすのきだんちのなつやすみ

  • 絵本
作: 武鹿 悦子
絵: 末崎 茂樹
出版社: ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「くすのきだんちのなつやすみ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年07月
ISBN: 9784564018527

26×22cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

きつねの音楽家は演奏旅行、かけすの一家は海水浴、うさぎの看護師は帰省、ももんがとふくろうは温泉へ…「…ってことは、ひゃあ、わたし(管理人のもぐ)ひとりぼっちですかあ!?」。
もぐの留守番は、るすあらしのやまあらしをセミの活躍で追い返したり、夜にはちょっと怖ーいシーンもあったりと、ハラハラドキドキ。誰もいなくなったくすのきだんちで夏らしい出来事がおこります。月刊保育絵本から生まれた人気シリーズの単行本化第5弾です。

ベストレビュー

すてきなホテルのようなお部屋

くすのきだんちのシリーズです。
なつやすみ、朝からせみが鳴いて、暑い夏の一日がはじまります。
みんなそれぞれに、バカンスなど、予定があって、お出かけしてゆきます。
その日は、管理人のもぐだけが残って、一人ぽっちになってしまいました。
外にいるたくさんのセミたちに、助けられたり、長い夜は、ちょっと怖い思いをしたり。
だからみんなが帰ってきて、にぎやかになると余計嬉しいですね。
くすのき団地の様子、相変わらず素敵です。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


武鹿 悦子さんのその他の作品

みーつけた / きりん きりん / のねずみくんのおはなし とんこととん / くすのきだんちのあめのひ / くすのきだんちのあきまつり / おかあさんのいのり

末崎 茂樹さんのその他の作品

わんぱくだんのおにわのようせいたち / おーいおばけ / わんぱくだんのおかしなおかしや / わんぱくだんのてるてるぼうず / ぼくのマルコは大リーガー / わんぱくだんのひみつきち



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

くすのきだんちのなつやすみ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット