だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
いっしょにうんち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いっしょにうんち

  • 絵本
作・絵: ふくだ いわお
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥700 +税

「いっしょにうんち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年08月29日
ISBN: 9784577041062

0歳から
18×16cm 20ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「魔の二歳児」「イヤイヤ期」などと呼ばれる第一次反抗期。
わが子が成長した証と分かっていても、
ご飯のときもお風呂のときも寝るときも「イヤ!」って言われてしまうと、
「も〜!」と困りはててしまいますよね…。

そんな時期に訪れる一大イベント、
「トイレトレーニング」を乗り切るのに最適な絵本の登場です。

うんちがきらいな、いっちゃんが
「やだ やだ! ぼく うんちなんか したくない。」と
トイレに座らないでいると、きつねがやってきて、
「つかわない トイレなら ぼくに かしてください。」
きつねが「ああ、すっきりした。ばいばいコーン!」と帰っていくと、
次にぶたがやってきて…、その次にくまがやってきて…、
みんなのトイレを見ていたいっちゃん、我慢できずに
「ぼくも うんち する!」

ふくだいわおさんの柔らかなタッチと動物たちのユーモラスな動きに、
子ども達も自然とトイレに行きたくなることでしょう。

(木村春子  絵本ナビライター)

いっしょにうんち

いっしょにうんち

出版社からの紹介

「うんちやだやだ!」といっていると、動物たちがおまるをかりにきて気持ちよさそうにうんち。「ぼくもちょっとやってみようかな」くまさんといっしょにおまるにすわって…。トイレトレーニングが楽しくなるお話。

ベストレビュー

子供の心理を上手くつかんでいるなと思いました。

自分の物で、使わないんだけど、誰かが使ってると使いたくなっちゃう。「僕のだよ」って言いたくなっちゃう。うちの子はおまるやトイレでうんちをするにを嫌がる事は一切なかったのですが、嫌がる子には読んであげてもいいかも。笑
(梅木水晶さん 30代・ママ 女の子3歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ふくだ いわおさんのその他の作品

にゃんにゃんべんとう / たなばたセブン / 金魚のひなこさん / いらっしゃいませ / にぎやかなさんぽ / わらってるわらってる



第12回 『あったかいな』の片山健さん

いっしょにうんち

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット