うみ ざざざ うみ ざざざ うみ ざざざの試し読みができます!
作: ひがし なおこ 絵: きうち たつろう  出版社: くもん出版
ざざーん ざざざざざ ざっぱーん。海とあそぶ、暑い一日。今すぐ海に行きたくなる絵本!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
つきごはん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

つきごはん

  • 絵本
作: 計良 ふき子
絵: 飯野 和好
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年09月30日
ISBN: 9784333026180

6歳から
250mm×220mm/32ページ

みどころ

「ちわこのよそったごはんが、いちばんうまい」
いつもそう言って、美味しそうにちわこがよそったご飯を食べていたお父ちゃん。
農家の大黒柱だったお父ちゃんは、幼いちわこと家族を残して亡くなってしまった。

やがて冬が過ぎ、庭の雪が溶けてきた頃、おじいちゃんは芽を出しているお米を手に言うのです。
「おまえの父ちゃんがつくった米の赤ちゃんだ。家族みんなでそだてるんだ」
ちわこは、お父ちゃんのことを思い出しながら健気に田植えのお手伝いをします。
そして、家族は毎月同じ日に僧侶を呼び、ごはんをふるまいます。これを作者は「つきごはん」とよびます。
お父ちゃんにしたように、炊きたてをこんもり、たっぷりとよそう、ちわこのご飯の美味しそうなこと。
そして、新米の実るころ、新しい命がやってきて…。

昭和30年代の佐渡島の農家を舞台に語られるこの物語。
大切な人を失いながらも、それぞれが支えあって強く生きていく家族。
そして、みんなの心の中に、炊きたてのご飯の中に、今も生きているお父ちゃん。
悲しいだけでない、あたたかくて味わいのある絵本になっています。
飯野和好さんの描く家族の表情もずっと心に残ります。

湯気の立つごはんの絵。その向こう側に子どもたちは何を見るのでしょう。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

つきごはん

出版社からの紹介

昭和30年代の佐渡島。大黒柱の父を失った農家の一年を、少女の目から描きます。月命日に僧侶を呼び、ご飯をふるまう家族。新米が実る頃、新しい命が……。「つきごはん」は作者の造語で、月命日に僧侶にふるまう食事を意味しています。ご飯が大好きだった父親を思いながら、ご飯をよそう女の子が健気です。昭和の短編映画のように味わいのある絵本です。

ベストレビュー

こめのあかちゃん

全頁試し読みで読みました。おとうさんが残したおこめの赤ちゃんという言葉がとても気に入りました。あたたかい心に残る言葉で、ほっとしました。昭和30年の設定にとても親近感を感じて、自分のことのように瞑想にふけりました。突然、一家の大黒柱を失ってしまって可愛そうで、慰めの言葉がみつかりません。涙なしには、読めませんでした。新しい命の誕生で少し救われました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

計良 ふき子さんのその他の作品

キツネ野原のレストラン / おばあちゃんのひなまつり / 3びきのろしありす

飯野 和好さんのその他の作品

ねぎぼうずのあさたろう その10 ゆきはこんこんわたりどり / 日小見不思議草紙 / おせんとおこま / ざしきわらしのおとちゃん / どろだんごと たごとのつきまつり / かめ



「にじいろのさかな」シリーズ <br>編集者インタビュー

つきごはん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット