雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
こくばんくまさんつきへいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こくばんくまさんつきへいく

  • 絵本
作: マーサ・アレクサンダー
訳: 風木 一人
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年09月13日
ISBN: 9784593505548

18.0×22.9cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「パパ、月ってすごいね。ぼく、月にいってみたい!」

こんなアンソニー少年の夢をかなえようとしてくれるのは、なんとチョークで黒板に描かれたくまさんなのです。

アンソニーが眠っているあいだに、黒板からのっそりと抜け出してきたくまさんは、黒板にチョークで何かを描きはじめます。ふと目が覚めたアンソニーは気づきます。あっ、宇宙船の部品を描いているんだね! くま、きみって天才!

夜の不思議な時間や友情を描いた絵本はたくさんあるけれど、チョークで描かれたくまさんとは! 黒板から抜け出てくる、やわらかな線のくまさんの可愛らしさ、アンソニーの愛くるしさにほっこりした気持ちになります。絵も、くまさんと少年のやりとりも、優しくてふんわり包みこまれるようです。

月は寒くないかな。地面はでこぼこしているかな。水や食べ物がないかな。それから、それから……。月に行くためのこまごました準備をするアンソニーの姿に、私なら何を持っていこうかな、宇宙は暗いから懐中電灯もいるかな、なんて、自分の旅じたくまで考えてしまいます。旅に何を持っていくかを考えるのって、楽しいですよね。
そして同時に、宇宙船の乗り心地はどんなだろう、行ったことのない月や星空への旅に思いをはせて、アンソニーとくまさんと一緒にわくわくした気持ちになります。

さて、目を覚ましたアンソニーはどんな顔をするかな。最後のページは、そんな想像をさせてくれる、夢がいっぱいつまった素敵な絵です。
明日の目覚めが楽しみになる、おやすみ前の一冊にぴったりの絵本です。

(光森優子  編集者・ライター)

出版社からの紹介

こくばんくまさんは不思議なともだち。こくばんの中からあらわれて、アンソニーの願いをかなえてくれます。ある日、月の本を読んだアンソニー。「ぼく、つきにいってみたい!」その晩、こくばんくまさんが作ってくれたのは……。アンソニーとくまの交流が、優しい色使いと愛らしい表情で描かれています。

ベストレビュー

くまさん、だいかつやく!

面白い絵本です。

夢があって、それでも、ぼくは寝ている、というのが、逆に想像させてくれます。

何か、よみきかせをと思っていて、新しい本のところにあったので、飛びつきました。

でも、いざ読み始めると、日本語としては、ちょっと読みにくいことに気が付きました。「くま、」と呼びかけるのは、日本語的ではないように思えます。タイトルのように「くまさん」とか、「くまちゃん」とかを付けないと、日本語らしくない気がしました。

それでも、読んだ子らには好評で、シンプルな画面、少ない言葉、動き出したクマなど、楽しんでくれました。
(山田錦さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マーサ・アレクサンダーさんのその他の作品

ぼくがまもってあげるね

風木 一人さんのその他の作品

ニワトリぐんだん / とりがいるよ / うしのもーさん / ぬいぐるみおとまりかい / ふしぎなトラのトランク / おやゆびさん



たたかえ!じんるいのために!

こくばんくまさんつきへいく

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット