キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おばあちゃんとつくったよ! おいしいほしがき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばあちゃんとつくったよ! おいしいほしがき

  • 絵本
写真: 細川剛
文: 宇部 京子
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おばあちゃんとつくったよ! おいしいほしがき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年09月
ISBN: 9784893259950

3、4歳から
21×24p 28頁

出版社からの紹介

〈「自然」と「食」に目が向く写真絵本〉

干柿は、古くからある保存食で、まわりにできる粉は、貴重な甘味でもありました。
そのままでは食べられない渋柿をおいしい食べ物に変える方法には、昔ながらの知恵がつまっています。
本書では、干柿をつくる一軒の農家を取材し、庭先になった柿を収穫するところから、
柿の剥き方、干し方、陽光を浴びて日がたつにつれ変化していく様子などを、順を追って紹介していきます。

日本の伝統的な“食”と、自然の力の不思議について考えるきっかけになる絵本です。

ベストレビュー

すごい教育にもなると思う!!

日本の古くからある食の保存法の1つですよね。
私世代の大人もなかなか作れないほしがきなので,大人が読んでも勉強になると思います。
この写真絵本を読み実際にほしがきを作ったら,子供にもよい食育になり日本文化を学ぶことにもなるのでしょうね。
こういう情操教育って大切なんだろうな〜と親目線で思いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

細川剛さんのその他の作品

ぼくは すすき / みずたまりにやってきた

宇部 京子さんのその他の作品

はなちゃんの はやあるき はやあるき



翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

おばあちゃんとつくったよ! おいしいほしがき

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット