すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
お〜い、雲よ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

お〜い、雲よ

  • 絵本
著: 長倉 洋海
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「お〜い、雲よ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年09月
ISBN: 9784265830152

小学校低学年〜一般
206×230mm 48ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

ぬけるような青空。ふわふわ空にちらばる白い雲。どーんと広くて青い、海。

この海が、あの震災のとき、牙をむいて襲いかかってきたとは信じられないほどの穏やかさです。

本書は、フォトジャーナリストである著者が、2011年の大震災の後、東北の地を訪れて撮影した写真と、子どもたちへのメッセージをつづった写真集です。

枝を広げ、すっくと立つ細い木。
くったくない子どもたちの笑顔。
夕暮れ時、まるで月のように空にあがるサッカーボール。
鮮やかな色彩で力強く描かれた大漁旗。
空に届きそうなくらい、高くこがれるブランコ。

写真の中の青い空は、すべての想いや痛み、時間を包み込んで広がっています。そんな写真を眺めていると、言葉で説明できない、いろいろごたまぜになった感情が突き動かされます。

世界中の紛争地をめぐって写真を撮りつづけている著者は、どんなときでも、どんな状況でも空を見上げると、そこには雲が浮かんでいる、と言います。そして、もっとゆったりと、もっと自由に生きてもいい……雲が教えてくれることはたくさんある、と。

自分の上に広がる空は、日本だけでなく世界のいろんな国の上にも広がり、ずーっと昔からこの地球の上に広がってきました。ページをめくるうちに「切り取られた空」ではなく、世界や時間をつなぐ、広くて大らかな空が心の中に広がってゆきます。
きっと、今日の空を見上げたくなります。

(光森優子  編集者・ライター)

お〜い、雲よ

出版社からの紹介

世界の紛争地をたくさん見て来た写真家の長倉洋海さんが、子どもたちに、「上を向こう、つらいときは、雲を見よう。自分を<地球の中の自分>という、もっと大きな視点で見てごらん」というメッセージを送る写真絵本。

ベストレビュー

青い空と白い雲 人はどれだけ癒されたのでしょう

長倉 洋海さんは戦場のカメラマンで一度お話しを聞いたことがありました
「お〜い 雲よ」この絵本は 青い空と白い雲
そして 人がいる
 
祈りがあるんです

2011年の東日本大震災の様子が見られます
今も尚 避難所で暮らし 原発の被害に苦しんでいる人がたくさんいます
そんな苦しい哀しいことがあっても 自然の空 白い雲は 私たちを見ていてくれます
そして 時には荒れ狂って 雲が いかる 時があります

人間が生きていて 子どもたちの笑顔があり 救われますね

長倉さんは いろんな写真で メッセージを伝えています 
人間は 生きていいます。  自然の力の中で・・・・
 この写真絵本を通して  いろんな思いが巡りました
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長倉 洋海さんのその他の作品

はたらく / いのる / 世界は広く、美しい 地球をつなぐ色<黄> / 世界は広く、美しい 地球をつなぐ色<黒> / 世界は広く、美しい 地球をつなぐ色<青> / 世界のともだち(13) メキシコ 織物の町の少女 リセット



『くろくんとちいさいしろくん』発売記念  イベントレポート&インタビュー!

お〜い、雲よ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット