もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
5ひきのすてきなねずみ まちのじどうしゃレース
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

5ひきのすてきなねずみ まちのじどうしゃレース

  • 絵本
作: たしろ ちさと
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年09月25日
ISBN: 9784593505487

287×235mm/32ページ

課題図書すばこ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

個性豊かな5匹のねずみたちが活躍する「5ひきのすてきなねずみ」シリーズ、第3弾です。

ある日、自動車レースがあることを知った5匹は、参加することにします。おもしろそうですし、優勝商品の「見たこともないくらい大きなチーズ」はなんといっても魅力的です。

さっそく5匹は、ゴミ捨て場や路地裏、工場の棚などをめぐって、車に必要な部品を集めます。きれいな色のあきかんを使って、自動車づくりが始まると、みんなそれぞれ自分の得意な仕事を担当して大忙し。おや、何やら「秘密兵器」までつみこむようですよ。いったいどんなものなのでしょう?

自動車レースには、町中のねずみが大集合。
さあ、いよいよレースが始まります。
ようい、どん!

ねずみの視点で町を見てみると、人が暮らす町の風景が、まったく違って見えるのが面白いです。小さなねずみたちにとって、人間たちが生活する町の中を通り抜ける自動車レースは、危険がいっぱい! 踏まれないように、行き交う足をぬって走るも大変ですし、小さな犬はかいじゅうみたい。いたずら好きの子どもにも用心しなくてはなりません。

本の表紙を開くと、自動車レースのマップが登場します。ねずみたちのレースのゆくえを追いながら、いまどこを走っているのかな? と、絵本のページと地図を見比べてみるのも楽しいですね。ねずみたちと一緒に、町を駆け抜ける気持ちになれます。

小さなからだで生き生きと動き回る5匹のねずみたちの表情や仕草が、とてもキュートで魅力的。5匹それぞれのポーズや、やっていること、選んでいるものに、性格がにじみ出ているのを見つけては嬉しくなります。物語世界に読者を引き込んでくれる、絵本を読む喜びを堪能できる一冊です。

かわいいねずみたち、次は何に挑戦するのかな? 楽しみですね。

(光森優子  編集者・ライター)

5ひきのすてきなねずみ まちのじどうしゃレース

出版社からの紹介

あきかんを利用した手づくりのじどうしゃで、レースにでることにした5ひきのねずみたち。優勝賞品はなんと、「みたこともないくらいおおきなチーズ」です!さあ、いよいよスタートのあいずがなりますよ……。大人気、5ひきのすてきなねずみシリーズ、第3弾。

ベストレビュー

優勝商品のチーズも皆で食べると美味しいね。

ハラハラしながら読みました。小さいネズミ達にとっては人間の世界は驚異でしかない。しかし果敢に街の中を走り抜けるネズミ達。鳥人間コンテストや、高校生ロボット選手権にも似たドキドキを感じられる絵本でした。
(梅木水晶さん 30代・ママ 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たしろ ちさとさんのその他の作品

ぴっかぴかえほん きょうりゅうオーディション / スギナ屋敷のオバケさん オバケとキツネの術くらべ / すずめくんどこでごはんたべるの? / スギナ屋敷のオバケさん オバケ屋敷にお引っ越し / どんな いちにち / ひとりぼっちのミャー クリスマスのよるに



『いちにちじごく』作者インタビュー

5ひきのすてきなねずみ まちのじどうしゃレース

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット