おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
福よ、コイコイ♪幸せがいっぱい訪れそうな「絵本おふくさん」の複製原画、できました♪
さみしかった本
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さみしかった本

  • 絵本
文: ケイト・バーンハイマー
絵: クリス・シーバン
訳: 福本 友美子
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年09月30日
ISBN: 9784265850259

小学校低学年 〜 小学校中学年向け
A4変型判 27.5×23.3/32頁

この作品が含まれるテーマ

みどころ

あなたにとっての特別な一冊は、どんな本ですか? その本に出会えたときの気持ち、覚えていますか? この絵本には、その瞬間が甦ってくるような、なつかしくて温かい気持ちがぎゅっとつまっています。

図書館に並ぶ一冊の本。大きなきのこと女の子の絵が表紙に描かれたうぐいす色の本は、たくさんの子どもたちに読んでもらって、とても幸せでした。でも、何年もたって古びてきた本は、忘れ去られ、めったに読まれることもなくなりました。本は悲しい気持ちで、自分が忘れられてしまったことに気づきました。

そんなある日、小さな女の子・アリスが、その本を手にとり読みはじめます。そして、その本はアリスにとってかけがえのない大切な存在となっていくのでした。
しかし、次の週、もう一度借りようと思っていたその本を、図書館に忘れてきてしまったのです……。

アリスがうぐいす色の本をどういうふうに読んだか、どんなふうに感じたか、そのひとつひとつのエピソードが、繊細な美しい絵とともに描かれ、きらきらする気持ちを思い出させてくれます。
「もう寝る時間だよ」と電気を消されても、月明かりのもと、おふとんの中でこっそり読みつづけたこと。その本がある、続きが読めるということが、たまらなく幸せだったこと。ひとときも手ばなしたくなかったこと。本を見なくても、物語の結末を覚えていたこと。

ね、このアリスの姿、お気に入りの本に出会ったときの、あなたにそっくりじゃないですか?

紆余曲折の末、いったん離れてしまった本と女の子が再会をはたしたとき、図書館のボランティアの女性がいう言葉がとても印象的です。
「この本は、ずっとあなたをまっていたのね」
「じつはわたしもね、子どものころ、この本がいちばんすきだったの」

本をつくるとき、本作りにたずさわる誰もが「この本が、時間も場所もこえて、誰かの特別な一冊になりますように。必要としている人に届きますように」という祈るような気持ちで作ります。まさにそれが絵本の一文に書かれているなんて! この絵本に出会い、改めてそんな本を作りたい、という気持ちがかきたてられました。

(光森優子  編集者・ライター)

出版社からの紹介

かつて図書館でとても人気があったのに、古ぼけて読まれなくなり、ずっと「さみしかった本」。ある日、本が大好きなひとりの少女に出会います。本が幸せになるやさしいお話。

ベストレビュー

やっぱり本はいいよねぇ!

パステルの優しい画風で、濃く深い色合いの表紙に惹かれます。
本と女の子の出会い、別れ、再開。
どんなに面白くて素敵な本なのか、想像を掻き立てられます。
本当に好きになった本は、こうやって恋い焦がれる。家の本棚の本たちが、より愛おしく感じられます。
(パパンダさん 40代・ママ 女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

ケイト・バーンハイマーさんのその他の作品

はくぶつかんのおしろのおんなのこ

福本 友美子さんのその他の作品

おさるのジョージ ほんやさんへいく / おさるのジョージ バスケットボールをする / ぽちっと あかい おともだち / おはよう、はたらくくるまたち / なるほどわかった コンピューターとプログラミング / おひるねしましょ



『はやくちことばで おでんもおんせん』イベントレポート

さみしかった本

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット