雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
ちいさいおうち うみへいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちいさいおうち うみへいく

  • 児童書
作: エリーシュ・ディロン
訳: たがきょうこ
絵: ひらさわ ともこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちいさいおうち うみへいく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年09月05日
ISBN: 9784834080148

読んであげるなら・小学低学年から
自分で読むなら・小学低学年から
24X20cm 40ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

冒険好きの小さいおうちは、海にあこがれていました。ひょんなことから自分が歩けることを知ったこのおうちは、ある晩、海に向かって歩きはじめました。夢を実現した物語。

ベストレビュー

海が好きな元気な歩く家!

町の小さいおうちは、元気が良くて、自分みたいな家を探したがっていました。ある日、悪い黒猫に頭にきたときに柱の足で蹴ることができると知って驚きます。

翌日、こっそり、こっそり歩いてみると、なんと歩けたのです。大きな家たちは邪魔しようとしたり、ひそひそ悪口を言いますが、歩けないので止められません。

家の男の子、ジョンだけが家が歩くことに気づきますが、秘密にしてあげます。

しかし、ある日、どうしても海にいきたくなった家は、歩いて海までいくのです。とても楽しかったものの、お父さんの仕事が海にはないし、家も潮風で汚くさびていきます。とうとう、あきらめて町に戻るのです。

しかし、その後、夏になれば海まで歩いてくれるようになり、1か月のバカンスをそこで過ごすようになりました。

ジョンも育って、船長になって、、帰るたびにお土産話をしてあげるのです。

家も子供も冒険したくなる絵本です。我が家も歩いたら面白いんだけどなあ、と思います。外国にいきたい!でも日本は島国なので国内しかいけないなあー、といろいろ想像できました。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たがきょうこさんのその他の作品

ネコがすきな船長のおはなし / ミニブック かわいいあひるのあかちゃん  / ホー ホー! きれいだな ミミズクのいろのえほん / こねこのネリーとまほうのボール / ベスとベラ / がーこちゃん あそぼ

ひらさわ ともこさんのその他の作品

お・は・よ・う



好評につき第2弾!23人の絵本作家からの手紙

ちいさいおうち うみへいく

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット