もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
日ざかり村に戦争がくる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

日ざかり村に戦争がくる

  • 児童書
作: フアン・ファリアス
訳: 宇野 和美
画: 堀越千秋
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年09月15日
ISBN: 9784834027648

自分で読むなら・小学高学年から
21X16cm 88ページ

出版社からの紹介

スペイン内戦下。片田舎の小さな村にも戦争の影は忍び寄り、じわじわと村人の生活を侵していき、やがて悲劇が訪れる。 戦争の本質を、読む者に静かに訴えかける。

ベストレビュー

行間に怖さと暗さが奥深くあふれていました

素朴な村に戦争が来た。
戦いがあるわけではなく、政府側と反政府側の人間ができた。
普段一緒に生活してきた町の住民の疑心暗鬼。
どちらが良いものでも悪いものでもない戦争。
主人公の父親は、仲間と戦争に加担したくないからと、山に隠れていたのだけれど、山狩りで見つけ出されて銃殺刑。
淡々と描かれる話に、戦いはないのだが、なんとも重苦しい戦争がそこにあった。
戦いが町に来ないままに戦争が終わった。
どちらか一方が勝ったから終わった戦争を、平和になったからって喜べるものか。
これだけのことを短編の児童書が語っている。
残酷ではあるが、子どもたちに本当に考えてほしい哀しみと苦しみがここにある。
歴史上の事実に基づく話だが、ファリアスは言葉少なの作品の中から、読者に思い問いかけを滲ませている。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

宇野 和美さんのその他の作品

ちっちゃいさん / だいじょうぶカバくん / うるわしのグリセルダひめ / かぞくのヒミツ / ふたりは世界一! / ボンバストゥス博士の世にも不思議な植物図鑑

堀越千秋さんのその他の作品

もりがもえた / いかつりぶね / ふるやのもり



風変りで美しい表現方法がたくさん!

日ざかり村に戦争がくる

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット