だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
きおくの おうさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きおくの おうさま

  • 絵本
作・絵: のぶみ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「きおくの おうさま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2004年
ISBN: 9784062121262

出版社からの紹介

きおくの チカラだめし!
さあ、きおくキングをめざして、みんなでチャレンジ!

記憶力をためす、観察力をきたえる、新ゲーム絵本誕生!
●これは、絵をよくみて、おぼえて、「おうさま」のだす記憶の問題にこたえる絵本です。
●1人で、じっくり挑戦してもいいし、友だちといっしょにやっても楽しいぞ。
●ちいさい子は、おうちの人といっしょに、問題の数をへらし、読みきかせの感覚で。
●そのほか、絵さがししたり、おとなに挑戦させたり、いろいろ工夫して、いっぱい遊んでみよう!

きおくの おうさま

ベストレビュー

かなり難しいですよ

軽い気持ちで表紙を開けて、先に進んでいったら、自分の記憶力のなさにガックリ。
これで鍛えていれば、認知症の心配はないかも。
子どもの頭の柔軟さと多方向への関心の高さにも、驚かされました。
いつか自分の頭の硬化は進んでいることを感じました。
それにしても、この本は難しいです。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


のぶみさんのその他の作品

ぼく、仮面ライダーになる! エグゼイド編 / いのちのはな / サンタパスポート / ママがおばけになっちゃった! スペシャルシールブック / さよなら ママがおばけになっちゃった! / うんこちゃんようちえんへいく



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

きおくの おうさま

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.47

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット