雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
ん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

  • 絵本
作: 長田 弘
絵: 山村 浩二
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「ん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年09月
ISBN: 9784061325555

3歳から
B5判 32ページ

みどころ

「ん」ってどんな印象?
「いろはにほへと」だと、最後に「ん」っておまけみたいについてくるし。
しりとりをやれば「ん」が登場した途端に終了。
「ん」で始まる言葉は・・・聞いたことがない!?
んーんー・・・。

でも、試しに口にだしてみると、これがなかなかの存在感。
「ん、」「ん?」「んー」
響きをかえるだけで、いろんな感情が生まれてくる。

なんだか「ん」が気になってきたぞ。
そんな風に考えていた子どもたちには嬉しい情報!
言葉の達人、長田弘さんが「ん」が主役の絵本をつくってくれましたよ。
これは面白いにおいがプンプンします。
絵を担当しているのが、アニメーション作家であり、『くだもの だもの』などの絵本も大人気の山村浩二さんというのだから、これは一筋縄ではいかないようです。

見てください、この表紙。
後は絵本を読んで、「ん」の世界をたっぷり楽しんできてくださいね。
あ、もちろん声に出して読んでくださいね!

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ん

出版社からの紹介

「あかん、んが なきゃ」「ごはんも ごは」
もう脇役ではいられない!
「ん」が主役の絵本ができました。

・作/長田弘さんからのメッセージ

「ん」はとてもふしぎな言葉。辞書をひいても、きれいさっぱり何の意味もありません。ところが、ところが、口にだしてみると、たった1つで、これほどさまざまにゆたかな意味合いをもつ言葉はありません。
れっきとした日本語なのに、いろはに47字にも、あいうえ50音にもなく、はみだし、おまけ、みたいにされてきたのに、どうして、どうして、たった1つで、これほどさまざまにゆたかな表情をあらわす言葉はありません。
しりとりは、「ん」で終わる言葉を口にしたら負け。しかし、この絵本では、たくさん「ん」を口にしたほうが勝ち。だから、おおきな声で読んでください。どうかたくさんの「ん(運)」にめぐまれますように。「んだ、んだ(そうだ、そうだ)」(ふるさと福島の代表的な方言)。

絵/山村浩二さんからのメッセージ

長田さんの詩を読んだとき、顔の表情だけで絵本ができる!とすぐにイメージしましたが、はじめのスケッチは、丸い顔の輪郭を描いていました。束見本に ラフを描いていた時、本そのものが顔というアイデアを思いつき、実験的すぎるかなと思いましたが、長田さんと編集さんに気に入っていただき、基本の形ができました。
いいコンディションで描けるタイミングを待って、仕上げは一気に描きました。「ん」の表情を、意図的にならず自然に描くために、うまく気を抜きながら、でも気持ちを込めて。これまで手がけた絵本のなかで最もシンプルで実験的な絵本に仕上がりとても嬉しいです。

ベストレビュー

いろいろな表情

このお話は、目と口だけでいろいろな顔の表情を表していました。最初は「ん」で始まっていろいろな表情を表していたのが面白かったです。んって大事そうでなくてとっても大事な文字だっていうのもわかりました。ごはんもんがなければ、ごはですから(笑)うちの子はその発見がツボだったみたいです。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長田 弘さんのその他の作品

幼い子は微笑む / 最初の質問 / ジャーニー / いつでも星を / 空の絵本 / めっけもののサイ

山村 浩二さんのその他の作品

日本の神話 古事記えほん (四) いなばの白うさぎ〜オオナムヂとヤガミヒメ〜 / ぼくのおばあちゃんはキックボクサー / みたい!しりたい!しらべたい!日本の学校の怪談絵図鑑(1) 教室でおこる怪談 / 妖怪用心 火の用心 九十九さんちのかぞえうた / 妖怪一家 九十九さん(5) 遊園地の妖怪一家 / ダンゴムシ だんごろう(3)〜たびのおわり〜



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(7人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

パパの声 1人

パパの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット