くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
クリスマスをみにいったヤシの木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クリスマスをみにいったヤシの木

  • 絵本

出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年10月11日
ISBN: 9784198636982

5

出版社からの紹介

さばくにすむ小さなヤシの木のココは、としとったコウノトリから、遠い国の話を聞くのが大好き。なかでも、クリスマスというものが、とてもすばらしいといいます。そこで、心を決めました。「ぼくも遠くの国へいって、クリスマスをみてくるよ!」ところが、海をわたったココがであったのは…? 小さなヤシの木のぼうけんをえがく、風変わりで楽しいクリスマス絵本。

ベストレビュー

コウノトリと再会してほしいな

ふしぎなタイトルに惹かれて読みました。
クリスマスを見たことのないヤシの木が、
ともだちのコウノトリの話を聞いて、クリスマスを見に旅立つ・・・。
最後はもちろん、「クリスマス」を見ることができるのですが、
その地で暮らすことに決めたヤシの木は、
コウノトリとはもう会えないのかなあと、そこがすこし寂しく感じました。
(なーお00さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

ふしみ みさをさんのその他の作品

あかがいちばん / スキャリーおじさんのゆかいなおやすみえほん / ぼくのおおじいじ / ぐるんぐるんつむじかぜ / あっ、オオカミだ! / スキャリーおじさんの たのしいものしりえほん



ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会

クリスマスをみにいったヤシの木

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット