雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
くらげのなかよし兄弟ヒーローになる!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くらげのなかよし兄弟ヒーローになる!

  • 絵本
文: 岡田 新吾
絵: 広東 もな
出版社: 東北出版企画

本体価格: ¥933 +税

「くらげのなかよし兄弟ヒーローになる!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年07月
ISBN: 9784887610590

21ページ

内容紹介

 くらげの蛍光タンパクを発見した下村修氏(米ボストン大学名誉教授)が、2008年ノーベル化学賞を受賞し、くらげが一躍脚光を浴びることになりました。
 今までさしたる関心を持たれることもなく、地味な存在であったクラゲがこれほど注目されたのは初めてではないでしょうか。その証拠に、くらげが主役のある水族館にも連日たくさんのお客様が訪れ、その賑わいは現在も続いています。
 ようやく人々の関心が注がれるようになったくらげに、さらに愛着や親近感を感じてもらおうと誕生したのが、この絵本です。本屋でこの本に出会ったら、くらげのいる水族館に行きたくなるような物語を綴りました。そして、水族館を訪れたあとは、この絵本で親子の会話が弾み、いろいろ語り合っていただければ幸いです。
 文は、2009年5月に児童小説『約束のつばさ』を上梓した岡田新吾氏によるもの。絵は、学年誌の漫画連載などで活躍中の広東もな氏です。広東もな氏は、この絵本の作画を担当する前から大好きなくらげのキャラクターを描いていました。それほど思い入れの深いくらげだけに、この絵本が完成した喜びはひとしおです。
 ご一読のうえ、ぜひ広くご紹介いただけますよう、よろしくお願いします。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岡田 新吾さんのその他の作品

なんじゃ?にんじゃ?レモンじゃ! / シャバーニだいすき / うみのともだち、ぼくのともだち。 - なごやこうすいぞくかんでともだちをつくろう! / つばめの家 / 約束のつばさ



死んでおばけになったおじいちゃんの忘れものとは…?

くらげのなかよし兄弟ヒーローになる!

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット