雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
としょかんのよる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

としょかんのよる

  • 絵本
文: ローレンツ・パウリ
絵: カトリーン・シェーラー
訳: 若松 宣子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「としょかんのよる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年10月17日
ISBN: 9784593505562

4歳から
240×240mm/32ページ

課題図書すばこ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

初めて図書館に足を踏み入れた日を覚えていますか? ずらりと並ぶ本の背を見て、「うわあ、この世の中には、たくさん本があるんだな、全部読めるかな」とワクワクした気持ちになったのではないでしょうか。

文字が読めなかったキツネは、本も図書館の存在も知りませんでした。ある日、食べてやろうと追いかけていたネズミが図書館に逃げ込み、「この絵本、おもしろいよ」と教えてくれます。なんだかおもしろそう。キツネはそっと本のページを開いてみるのでした……。

本を通して、未知の世界と楽しみを知り、どんどん好奇心がふくらみ、次の興味へとつながっていく。最初は、「おもしろい本を教えて」と言っていたキツネが、自分で新しい本をあれこれ探すようになっていく。そんなキツネの姿は、本を読む純粋な喜びそのものを思い出させてくれます。
さらに読書を通して、キツネの内面の世界だけでなく、外側の世界にも変化が起きていくようすが素敵です。

キツネが文字を読めないということに対して、ネズミがどのようなアドバイスをしたかも、見どころのひとつ。図書館にはこんな機能やサービスもあるんだよ、って教えてもらえます。もちろん図書館を使うマナーも。
この絵本を読むと、夜ひっそり静まり返った図書館で、キツネやネズミと一緒に本を読みたくなってしまいます。

(光森優子  編集者・ライター)

としょかんのよる

出版社からの紹介

文字がよめないキツネが、毎晩図書館にくるようになったそのわけとは?本が持っている力、読んでもらうのを心待ちにしている気持ち、本を読む楽しみ、そして図書館の使い方やマナーがわかります。

ベストレビュー

かわいい図書館員

このお話は、夜の図書館で狐に本を貸し出しているネズミのお話でした。最初は狐は本なんてあまり興味のない感じだったのですが、ネズミに勧められて本の世界にはまっていきました。でも、本を借りる時、まったくいうことを狐が聞いてくれていなかったのもなんだか笑えて来ました(笑)狐は、自分が食べるために捕まえてきた鶏と取引をして、食べない代わりに字を教えてもらっているところもかわいらしかったです。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


カトリーン・シェーラーさんのその他の作品

キツネとねがいごと / こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし / ヨハンナの電車のたび / ミアは おおきなものが すき! / とかいのねずみといなかのねずみ / ちょっとまって、きつねさん!

若松 宣子さんのその他の作品

ピッチの王様(4) 勝利のゆくえ / ピッチの王様(3)チャンスをつかめ  / ハンナの夢さがし / ピッチの王様(2) キケンなわな / ピッチの王様(1) 4人の誓い / 偕成社文庫 新訳版 ハイジ(1)



楽しみながら学べる☆ポカポカフレンズのおしゃべりえほん

としょかんのよる

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.15

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット