モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
えんぴつこぶた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

えんぴつこぶた

  • 児童書
文: 舟崎 克彦
絵: 古川 タク
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥780 +税

「えんぴつこぶた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1977年02月
ISBN: 9784251006639

A5

ベストレビュー

広がる想像力

本当は留守番をしていなくちゃいけないこぶたが散歩に行きます。そこで、青い鉛筆を道で見つけ、落書きをすることにします。最初は、お父さんの絵を描こうと思ったんだけれど、出来上がった絵に怒られそうな気がして、青空に向かって自分を描きました。その絵ときたら、「ぶた」ではなくて「いのしし」そっくり。すると、そのいのししが、いのししはこんなんじゃないとご立腹されて空から降りてきて、えんぴつを借りて描き始めます。ところが、その絵と来たら...と、似た感じの動物がどんどん描かれていき、それがなかなか面白いのです。そして、最後に、絵の上手すぎる「ぞう」が登場するのですが...

舟崎さんの話はこれで2冊目ですが、ちょこっとところどころに面白い言い回しを差し込んでいて、ふっと笑えて、またその発想がとてもとても面白くて、とても引き込まれます。
この本も形は幼年童話の形式をとっていますが、一文一文は短く、必ず絵が1頁ずつついているので、絵本と変わりがありません。幼稚園生から楽しめると思います。是非、読んでみて下さい。お薦めです。
(汐見台3丁目さん 40代・ママ )

出版社おすすめ


舟崎 克彦さんのその他の作品

Qはせかいいち / 児雷也太郎の魔界遍歴 / ポプラ世界名作童話(9) ドリトル先生物語 / まるかいてピョン / クレヨンマジック / ここにいる

古川 タクさんのその他の作品

リトルTの冒険 / 紙芝居 えのなかのゆうれい / ことばメガネ / 絵本 かがやけ・詩(5) かんがえるのっておもしろい(ひろがる ことば) / はんぶん ちょうだい / かみコップのフェスタ



葉祥明さんの描く不朽の名作

えんぴつこぶた

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット