あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
おはなしのろうそく(26)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはなしのろうそく(26)

  • 児童書
編: 東京子ども図書館
挿絵: 大社 玲子
出版社: 東京子ども図書館

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

てのひらにのる小さなお話集です。幼児から小学校中・高学年までたのしめる日本や外国の昔話、創作、わらべうた、指遊びなどを数編ずつ収録。いずれも実際に子どもたちに語った経験をもとに編集しています。1973年刊行開始以来、語りのテキストとして圧倒的な支持を受け、現在までの総発行部数が185万部のロングセラーです。図書館、文庫、幼稚園・学校、家庭などでの読み聞かせにもご利用ください。 ねずみの小判干し/びんぼうこびと/ここは てっくび/ひとり、ふたり、さんにんのこども/光り姫

ベストレビュー

世界のおはなし

びんぼうこびと
3年、4年にストーリーテリングをされているのを聞きました。
語る方によっては、ユーモラスになってこの学年にぴったりだと思いました。
耳だけでおはなしを聞くには、集中力が必要です。
このおはなしは、聞きなれていない子どもにも聞きやすいです。
性格の悪いお金持ちが、びんぼうこびとのせいで貧乏になる結末はすっきりします。

ここは てっくび(わらべうた)
低学年のおはなし会で、おはなしの合間にしました。
おはなし会で手遊びを楽しみにしている子どもがたくさんいて驚きました。
わらべうたは、音痴なわたしでも歌えるので嬉しいです。
わらべ歌のリズムは赤ちゃんがおなかの中で聞いていたリズムと聞いたことがあります。
うっとうしい梅雨の時期に、親子で歌うと心が落ち着きますよ。
(おるがんさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


東京子ども図書館さんのその他の作品

おはなしのろうそく(28) / おはなしのろうそく(9) ホットケーキ / かつら文庫の50年 / おはなしのろうそく(27) / おはなしのろうそく / おはなしのろうそく(5)

大社 玲子さんのその他の作品

くろグミ団は名探偵 紅サンゴの陰謀 / にわとり城 / くろグミ団は名探偵 石弓の呪い / くろグミ団は名探偵 カラス岩の宝物 / げんきなぬいぐるみ人形ガルドラ / じゃんけんのすきな女の子



「いのち」の意味を考えさせてくれる絵本

おはなしのろうそく(26)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット