もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
クリスマスのおすすめ続々更新中♪ 『絵本ナビのクリスマス2017』 がオープンしました♪
姨捨山
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

姨捨山

  • 絵本
文: 西本 鶏介
絵: 狩野 富貴子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年06月
ISBN: 9784591086810

小学校低学年〜
25cm x 26cm 42ページ

出版社からの紹介

みなしごとなった男の子を育てあげた姨は、年をとって子どもたちに迷惑をかけられないと思ったとき・・・「更級伝説」による絵本。

ベストレビュー

人の心というものは

この絵本に出会って、人の心には鬼も仏も住んでいるのだと感じ入りました。
両親を失った自分を、身を粉にして育て上げてくれた叔母を、疎ましく思う心も子は持ってしまうのです。
育ての親に対する恩と愛、そして巡り合った妻に対する愛。
妻は他人だから、やはり鬼にも娘にもなれるのです。
心のの隅に棲む鬼。
表紙に描かれた、姨を捨てに出かける男の顔は鬼になっています。
その怖さと、姑を疎ましく思う嫁の怖さ…。
このまま終わったらなら、絵本にならなかったのですね。
男の心に残っていた姨に対する気持ちが、物語の怖さから救い出してくれました。
この絵本、絶対読み聞かせに使いたいと思いました。
身の回りに転がっていそうな、人の心の裏表が描かれています。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

西本 鶏介さんのその他の作品

ヘンゼルとグレーテル / さんびきのくま / あかずきん / ミツバチぎんの おくりもの / シンデレラ / しあわせなおうじ

狩野 富貴子さんのその他の作品

ひみつの花園 / なかよしおまもり、きいた? / モモンガくんとおともだち / 戦争と平和のものがたり(2) 一つの花 / 白い自転車、おいかけて / おばあちゃんはかぐやひめ



大切なたからものを、王さまと一緒に探してください

姨捨山

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット