しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
待ってました!ガーゼハンカチシリーズに「おおきなかぶ」他が新登場♪
姨捨山
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

姨捨山

  • 絵本
文: 西本 鶏介
絵: 狩野 富貴子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年06月
ISBN: 9784591086810

小学校低学年〜
25cm x 26cm 42ページ

出版社からの紹介

みなしごとなった男の子を育てあげた姨は、年をとって子どもたちに迷惑をかけられないと思ったとき・・・「更級伝説」による絵本。

ベストレビュー

人の心というものは

この絵本に出会って、人の心には鬼も仏も住んでいるのだと感じ入りました。
両親を失った自分を、身を粉にして育て上げてくれた叔母を、疎ましく思う心も子は持ってしまうのです。
育ての親に対する恩と愛、そして巡り合った妻に対する愛。
妻は他人だから、やはり鬼にも娘にもなれるのです。
心のの隅に棲む鬼。
表紙に描かれた、姨を捨てに出かける男の顔は鬼になっています。
その怖さと、姑を疎ましく思う嫁の怖さ…。
このまま終わったらなら、絵本にならなかったのですね。
男の心に残っていた姨に対する気持ちが、物語の怖さから救い出してくれました。
この絵本、絶対読み聞かせに使いたいと思いました。
身の回りに転がっていそうな、人の心の裏表が描かれています。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ピクニック
    ピクニック
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    こぶたちゃんしかけえほんシリーズ最新刊!今度のしかけはいったい?!
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

西本 鶏介さんのその他の作品

ミツバチぎんの おくりもの / シンデレラ / しあわせなおうじ / はだかのおうさま / ポプラ世界名作童話(7) アンデルセン童話 / 名作よんでよんで はじめての伝記15話

狩野 富貴子さんのその他の作品

ひみつの花園 / なかよしおまもり、きいた? / モモンガくんとおともだち / 戦争と平和のものがたり(2) 一つの花 / 白い自転車、おいかけて / おばあちゃんはかぐやひめ



『やさいのがっこう ピーマンくんゆめをみる』 なかやみわさんインタビュー

姨捨山

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット