すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ユニコーン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ユニコーン

  • 絵本
文・絵: マルティーヌ・ブール
訳: 松島京子
出版社: 冨山房インターナショナル

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年04月
ISBN: 9784905194576

B4

出版社からの紹介

小さな王国の小さな王様が、大きな森で見たことがないような動物をさがしていた。雪のように白く、風よりはやく走り、ひたいには角が1本ある…。伝説の動物ユニコーンの物語。フランスの翻訳絵本。

ベストレビュー

元気の源

フランス人作家によるユニコーン(一角獣)物語。
ユニコーンは一本の角を持つ、馬のような伝説の生き物で、
いろいろな物語(ハリー・ポッターなど)にも登場しますね。
小さな王国のちいさな王様が森でユニコーンを見つけるのです。
そこで、お妃に見せるために、騎士に命じて探させるのですが、
騎士はとんちんかんな動物を連れて帰るばかり。
とうとう王様自ら探しに出かけますが、お妃が先に見つけて連れて帰るわけです。
ところが、何年ものお城での生活が、ユニコーンを弱らせます。
そこで、森へ戻すのです。
ユニコーンの元気の源が、蹄の下の雪、たてがみを抜ける風、角の先にある空、
というのが滋味深いです。
無駄を省いた幻想的な絵が印象的で、どちらかというと、大人向けかもしれませんね。
(レイラさん 40代・ママ 男の子19歳、男の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マルティーヌ・ブールさんのその他の作品

おはなのすきなおおかみくん



『ぼくのなかのほんとう』 <br>翻訳者・若林千鶴さんインタビュー

ユニコーン

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット