おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
<新装版> だるまちゃん・りんごんちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

<新装版> だるまちゃん・りんごんちゃん

  • 絵本
作: かこ さとし
出版社: 瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年10月10日
ISBN: 9784916016997

32ページ 上製


バナーをクリックすると瑞雲舎のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


かこさとしさん90歳おめでとう! 記念連載5

▼ 絵本とあわせて、贈り物にも自分用にも♪
>>「だるまちゃん」グッズはこちら

出版社からの紹介

りんごんちゃんから、りんごんまつりに招かれただるまちゃんですが…。

長野県の飯田を舞台にくりひろげられる、だるまちゃんとりんごんちゃんの心温まる交流を描いた絵本です。

物語の中にはたくさんの不思議なりんごが登場します。

ベストレビュー

長野の言葉!

どのような経緯でこの絵本が作られたのか、気にせず
読みはじめていて。おばあさんの話し言葉が長野弁みたい
だなあって思っていたのです。
全部読み終えて知りました。
長野(飯田)の人形劇フェスタから生まれたお話だったの
ですね。
りんごも名産ですしね。
長野県民としてはちょっとうれしい(笑)。
きっと飯田方面の子ども達は大喜びするのではないかしら?

だるまちゃんを連れて歩くおばあさんがパワフルでいいなあ
って思いました。
それから、りんごも!かみなりちゃんりんごやらだるまちゃん
りんごやらいろいろあって、まさにかこさんの絵本だなあって。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かこ さとしさんのその他の作品

こどものとうひょうおとなのせんきょ / 世界の化学者12か月 / 出発進行! 里山トロッコ列車 / しろいやさしいぞうのはなし / かこさとし あそびずかん はるのまき / かこさとし あそびずかん ふゆのまき



『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

<新装版> だるまちゃん・りんごんちゃん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット