あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ あきぞらさんぽの試し読みができます!
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
子どもに語る日本の神話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子どもに語る日本の神話

  • 児童書
訳: 三浦 佑之
再話: 茨木 啓子
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年10月09日
ISBN: 9784772190558

小学校中学年から
読んであげるなら 小学校低学年から
180 x 140mm/200ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

日本の神話、知っていますか? イナバの白ウサギとか、太陽の神アマテラスが岩屋に閉じこもってしまった話とか、断片的には思い出せるけれど、正直に告白すると、きちんと語れる自信はありません。そんな私が、興味しんしんで手にしたのがこの本でした。

本書は、「古事記」の神話を、今の子どもたちが読みやすいように再話しているだけでなく、耳で聞くことを前提に作られています。えっ、ユニークな企画だなと思ったのですが、そもそも「古事記」は、机の前で難しい顔をした作家や学者が書いた書物ではなく、長い時間をかけて、口から口へと語り継がれていったものだったそうなのです。だから、「音で聞く」というのは、「古事記」と初めて出会う子どもたちに、ぴったりな形なのかもしれません。

読みはじめて驚いたのは、これまで絵本などで断片的に知っていた神話は、バラバラのものではなく、大きな神話の流れの中の一部だったのだということです。
イザナキとイザナミの物語では、わたしたちが住む日本という国は、どうやってできたのか、ということに始まり、黄泉の国へ死んだ妻イザナミを連れ戻しにいく冒険、黄泉の国からかえってきたイザナキの体から、アマテラス、ツクヨミ、スサノオの3神が生まれたことが語られていきます。
そして物語は、天の岩屋、スサノオとヤマタノオロチ、稲羽の白ウサギへと脈々と続いていくのです。なじみのあるエピソードも、「こういう流れでこうなったのか!」と発見があり、つながりで読むととても新鮮なのです。

そして改めて声に出して読んでみると、ウマシアシカビヒコジ、オシホミミ、タケミカズチといった神様の名前や、よもつひらさか、あしはらのなかつこくという場所の名前の音のおもしろさに魅了されます。

恋愛をし、怒り、泣き、いたずらし、失敗する……。神さまたちがなんともおおらかで自由奔放なのにも、親近感を覚えます。
もちろん、本書は文字で読む読み物としても素晴らしい一冊です。味わいある力強い木版画と、ていねいな注釈が太古の世界へと誘ってくれます。
文字で読み、音で聞いて、生き生きとした神々の物語に触れてみてください。きっと驚きと発見が待ち受けているはずです。

(光森優子  編集者・ライター)

出版社からの紹介

イザナキ、イザナミの国生みから、教科書でもよく知られたいなばの白ウサギ、ドラマチックなヤマトタケルの物語も収録した読み応えのある日本の神話集。日本の風土や文化、こころのルーツが感じられる“古事記の世界”を、子どもはもちろん、大人の方もぜひご体験ください。収録話国のはじまり天の岩屋スサノオとヤマタノオロチ稲羽の白ウサギオオナムジ、根の堅洲の国へオオクニヌシの国づくりと、小さな神スクナビコナオオクニヌシの国ゆずり地上に降りた神海幸彦と山幸彦ヤマトタケル全10話収録

ベストレビュー

神話も伝えたい

子どもに語るシリーズに、日本の神話が登場です!!

古事記の本では、赤羽末吉さんの絵本シリーズがありますね。
それも、とても、おすすめですが、耳で聞いてもらうには、こちらがおすすめです。

日本人のルーツである、古事記の物語、現代の子どもたちにも、伝えたいです。
(レアレアレアさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • トントン紙ずもう
    トントン紙ずもう
    作・絵:COCHAE(コチャエ) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★帰省みやげ・室内遊びに★        力士を作って遊べる紙ずもう。年末年始、家族と盛り上がろう!

三浦 佑之さんのその他の作品

絵物語 古事記 / 日本の神話 古事記えほん【五】 国づくりのはなし〜オオクニヌシとスクナビコナ〜 / 日本の神話 古事記えほん (四) いなばの白うさぎ〜オオナムヂとヤガミヒメ〜 / 日本の神話 古事記えほん【三】 やまたのおろち〜スサノオとクシナダヒメ〜 / 日本の神話 古事記えほん(2) 天の岩屋〜アマテラスとスサノオ〜 / 国生みのはなし〜イザナキとイザナミ〜

茨木 啓子さんのその他の作品

子どもに語るアラビアンナイト / 子どもに語る ロシアの昔話 / おはなし会ガイドブック − 小学生向きのプログラムを中心に− / 子どもに語るアイルランドの昔話 / ワンダ・ガアグ若き日の痛みと輝き −「100まんびきのねこ」の作者が残した日記− / マローンおばさん



宇宙の姿が味わい深いイラストを通してわかる学習しかけ絵本

子どもに語る日本の神話

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット