アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
おばけのドレス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばけのドレス

  • 絵本
作: はせがわ さとみ
出版社: 絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「おばけのドレス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年10月15日
ISBN: 9784864840422

B5変・32ページ

みどころ

夜になりました。
「もう ねるじかんですよ、トンコちゃん」
だけど、トンコちゃんはちっとも眠くありません。まだまだ遊んでいたいのです。
「また、あしたね」
おかあさんは、部屋の電気をパチンと消していってしまいました。
部屋の中が暗くなっても、まだ寝たくないトンコちゃん。ベッドからそうっとぬけだしたその時。

窓のすきまから、ふわふわしたものが飛んできましたよ!
いったいなんでしょう。
その白くてふわふわしたものを、えいっとジャンプしてつかまえると、白い布みたい。トンコちゃんはクレヨンでお絵かきをはじめました。
あっという間に素敵な模様でいっぱいになったその布を、頭からかぶると・・・トンコちゃんのからだが宙に浮いたのです・・・!!

いいな、いいな、トンコちゃん。
トンコちゃんが夜空へ飛び出し行き着いた先は、なんとおばけがいっぱいいる雲の上なのでした。

夜になってもまだまだ遊びたい、そんな女の子が繰り広げる楽しい世界は、天真爛漫、自由そのもの。おまけにおばけたちまで楽しませちゃうなんて、トンコちゃんは素敵な子です。
「白い布」?それとも「おばけのドレス」?次はどんな子のおうちをおとずれるのでしょうね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

おばけのドレス

出版社からの紹介

夜になっても、まだまだ遊び足りないトンコちゃん。おかあさんにお絵かきや歌をお願いしても相手にしてくれず電気を消されてしまいました。まだ寝たくないトンコちゃんがベッドから抜け出した時、ふわふわとあなのあいた布が窓の外から飛んできました。その布にクレヨンでお絵かきして頭からかぶると、トンコちゃんのからだが宙に浮いちゃった! そのまま外に飛び出したトンコちゃんがたどり着いたのは、たくさんのおばけがいる雲の上。そこでトンコちゃんは…

ベストレビュー

ずっと心に残りそうです

「おつきさまが そらにのぼって よるになりました
・・・・だけど トンコちゃんは、ちっとも ねむたくありません」

冒頭の文章を読んで、ふんわりと懐かしい気持ちになりました。

まるでお母さんが、即興の物語を子どもに聞かせているような・・・。
とても素直に、耳に入ってくる文章です。

奇をてらっていない、というのでしょうか。
そこに温かさと安らぎを感じます。

絵も、優しくてきれい。
特に、トンコちゃんが夜空を飛ぶ姿が、とっても素敵です。
そしてその次のページは・・・
ぱあっと楽しい気持ちになります!

幼い頃に読んだなら、
「子どもの頃にお気に入りだった絵本」として、
ずっと心に残りそうです。
(なーお00さん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


はせがわ さとみさんのその他の作品

きみ、なにがすき? / 紙芝居 じゅんびはいいかな?ひなまつり / かえるのラミー / こうくんとちいさなゆきだるまのなつやすみ / 紙芝居 にげだしたポケット / つきよのうた



温泉場でくり出される、へんてこなおでん早口ことば

おばけのドレス

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット