あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
花びら姫とねこ魔女
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

花びら姫とねこ魔女

  • 絵本
作: 朽木 祥
絵: こみねゆら
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「花びら姫とねこ魔女」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年10月19日
ISBN: 9784097265238

3歳〜小学 低学年
32ページ

出版社からの紹介

花びら姫という美しくて気まぐれなお姫さまがいた。ある日、花びら姫はお城を守る妖精たちをおこらせてしまい、恐ろしい魔法をかけられてしまう。 気まぐれなお姫さまの“とくべつ”な物語

昔々、あるところにとても美しくて気まぐれなお姫さまがいました。何でも特別でなくては嫌というわがままさです。ある日、妖精たちの怒りをかい、呪いをかけられてしまいました。その呪いを解く鍵が“とくべつ”な猫にあると聞き、“とくべつ”な猫をさがして回ることにしました。そして、そこら中から猫をさらってきたので城の中は猫だらけ。お姫さまの城には、百足やらトカゲの召使いがいて、猫の世話をしています。お姫さまにとって“とくべつ”な猫は、見つかるのでしょうか?

ベストレビュー

心にしみいる

きれいな本だなあと手にとってみれば、朽木さんの本としってびっくり。絵本も書かれていたんですね。
わがままなお姫さまが、魔法にかけられちがう姿に、というのは、昔話でもありそうですが、その魔法をとくまでの過程がまさに「とくべつ」でした。
自分にとってのとくべつとは何か、あらためて考えてしまいます。心にしみいる物語でした。
(あんじゅじゅさん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


朽木 祥さんのその他の作品

まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽん / あひるの手紙 / 光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島 / 八月の光 / オン・ザ・ライン / 引き出しの中の家

こみね ゆらさんのその他の作品

若草物語 / もみの木のねがい / 人くい鬼 / しあわせなおうじ / 空とぶじゅうたん(1) / 空とぶじゅうたん(2)



音楽家の両親をもつ「ぼく」の心のものがたり

花びら姫とねこ魔女

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 1
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5



全ページためしよみ
年齢別絵本セット