雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
るるさんのおかいもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

るるさんのおかいもの

作品情報

発行日: 2002年

こどものとも年中向き 2002年3月号

ベストレビュー

おばーさん

下の子にしか読んでいない本ですが、最初のページにおばあさんが四人出てくるのですが、そこが一番のお気に入り。
なぜなら、うちの同居しているばあは、おばあさんって呼ばれるのが嫌で、(まだおばあさんの歳ではないから)やめてーと反応します。その反応がとってもおもしろいらしく、
本を広げては、おばーさんとおばーさんと。。。
と読んで反応を楽しんでいます。
おばあさんが他の人にたのまれてさんぽのついでにお買い物をするのですが、途中で出会ったパン屋さんでお買い物してきたものを使ってしまいます。
でも、そんなほのぼのとしたあばあさんがとっても暖かで私が将来目指してるおばあさんでなれたらいいなと思ってしまうほどです。
息子も実家の母とかぶって見えるのか、母の名前を読んだりしています。
おばあちゃんが好きな人にはおすすめな一冊です。
そして、この本を読むと決まってさんぽに行きたいという息子でした。
(うなうなうあさん 20代・ママ 女の子4歳、男の子2歳)

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

おくだともこさんのその他の作品

ことこちゃんのおちゃかい



葉祥明さんの描く不朽の名作

るるさんのおかいもの

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43




全ページためしよみ
年齢別絵本セット