あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
ないたあかおに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ないたあかおに

  • 絵本
作: 浜田 廣介
絵: 野村 たかあき
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年11月05日
ISBN: 9784062186568

3歳から
270×220mm/32ページ

みどころ

「ココロノヤサシイ オニノ ウチデス。ドナタデモ オイデクダサイ。
オイシイオカシガ ゴザイマス。オチャモワカシテ ゴザイマス。」
鬼に生まれたけれど、できるだけ良いことをしたい。人間たちの仲間になって、仲良くくらしていきたい。
いつもそう願って暮らす心の優しい赤おに。でも警戒心の強い人間たちにはなかなか受け入れてはもらえません。
だって彼は赤おに、なのですから。
「そんなことなら、わけないよ。こうすりゃかんたんさ。」
自暴自棄になっている赤おにの姿を見て、親友である青おには、ある提案をするのです・・・。

「日本のアンデルセン」といわれる浜田廣介の、友情をテーマにした不朽の名作。
その絵を野村たかあきさんが木版画で描いた本作品は、20年の時を経て今回新たに編集されよみがえった一冊です。
鬼をテーマにした作品を数多く手がけられてきたという野村さん。
昔話らしい大胆で力強い筆致の中でも、鬼たちの表情は純真で優しく、時に切なく描かれています。
繊細に掘られた瞳に映る、青おにの友に対する気づかい、赤おにの揺れる心。何度も読んだお話のはずなのに、二人の友情がたどり着くその結末には、やっぱり胸がキュッと締め付けられるのです。

さまざまな画家さんによって描かれている「泣いた赤おに」、どの作品にもそれぞれの魅力があることでしょう。
この作品には、赤おにの涙は登場しません。でも赤おにの泣き声は確かに、聞こえてきます。
友との友情を通して得ることができた人間との交流。引き換えに失ってしまった友の存在。
思いを抑えきれずにすすり泣く赤おにの背中は、きっと読む人の心に深く刻まれることでしょう。


(竹原雅子  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

青おにのはからいで、人間たちとなかよくなれた赤おにでしたが、ひとつ気がかりなことが……。みかえりのない友情の尊さを伝える名作。

ないたあかおに

ベストレビュー

それぞれの味わいが!

浜田廣介さんの有名なお話「ないたあかおに」。
たくさんのイラストで世に出ていますが,それぞれ味わいが違うので読み比べてみるのも面白いですね。
幼稚園年中さんの娘に買ってあげたく読み比べていますが,こちらの「ないたあかおに」もまたよかってです。幼児向きかな。
それぞれの味わいがあるので,どれにしようか悩みます(笑)。
(まゆみんみんさん 30代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

浜田 廣介さんのその他の作品

泣いた赤鬼 / こりすのはつなめ / りゅうのめのなみだ / 紙芝居 よぶこどり / こりすのおかあさん / よぶこどり

野村 たかあきさんのその他の作品

なくなタケシ / おばあちゃんのひなちらし / へぇこいたのだれだ? / おばあちゃんのななくさがゆ / あめふりうります / 近松門左衛門



ねえ、「コワイ」って、もってる?

ないたあかおに

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット