あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
どろん ばあ おばけかぞえうた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どろん ばあ おばけかぞえうた

  • 絵本
文: 小野寺 悦子
絵: 植垣 歩子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「どろん ばあ おばけかぞえうた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年08月01日

2歳〜4歳向き
21x20cm 24ページ こどものとも年少版 2013年8月号

出版社からの紹介

「どろん ばあ」「ひとつ ひとつめこぞうさん」「どろん ばあ」「ふたつ ふたごのかっぱさん」……「どろん ばあ」のかけ声と共に、おばけたちが次々と現れる数え歌の絵本です。舞台は、人々が寝静まった家の中。玄関、寝室、洗面所など、いろいろなところに現れたおばけたちは、最後は宴会まで始めてしまい……。

ベストレビュー

大人気!

2歳児の保育の仕事をしています。

遊びからおやつへの切り替えの時に、
今では「おばけ!」「おばけ!」とリクエストがあります。
やっとしゃべり始めた子が、題名は上手に言えないけれど、
「ひとーつ、ふたーつ・・・」と伝えてくれて、
「どろんばあだね!」とわかってあげられました。
人魚姫は「まだ泣いてる!」とか、ネコが大変!とか、
がまがえるでは毎回♪かえるの合唱♪を歌うことになり、
やまんばは「おじいちゃんだよ」「おばあちゃんだよ」と論争になり・・・。

今では「次はだーれだ」というと、当ててきます。
こどもは何度も同じ本で喜ぶというのはほんとうだなぁと思います。
内容がわかってるから楽しめるし、先取りして言える楽しみを
味わってるんだなあと実感します。


娘が使った絵本を、次の世代に読んで楽しませてあげられるのは
幸せだなぁと思います。
(よしにこにこさん 40代・ママ 女の子6歳)

出版社おすすめ


小野寺 悦子さんのその他の作品

どろん ばあ / すべってころんですりむいた / マフラーでどうぞ / あいうえどうぶつ おしごとなあに / ことばかるた

植垣 歩子さんのその他の作品

すっぽんぽんのはだかんぼう / おもちのかいすいよく / おもちのおふろ / 宮沢賢治の絵本 猫の事務所 / にんじん だいこん ごぼう / アリゲール デパートではたらく



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

どろん ばあ おばけかぞえうた

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット