あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
ぼくたちの ピーナッツ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくたちの ピーナッツ

  • 絵本
作: サイモン・リカティー
訳: 中川 ひろたか
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年10月10日
ISBN: 9784062830706

A3変型 32ページ

出版社からの紹介

「わたしのマラカスよ」「ぼくのたいこだよ」
ピーナッツをめぐって、なかよくとりあいっこ!

わたしのよ
ぼくのだよ
わたしのなんですけど
ぼくのなんだってばさ

なにが なんでも ひとりじめに したい!
ちいさな ピーナッツを めぐって おおそうどう!

ベストレビュー

兄弟みたい

殻に入ったピーナッツをめぐって
ぼくの
わたしのとピーナッツをつかって
スケボーになったりボートになったり
たいこだったりと楽しいのですが、
だんだんとやっぱり喧嘩になります。
ぼくの、わたしののページは
文字でいっぱいなのですが細かく読むと結構楽しくって
つい全部読んでしまいました。
いろんな言葉でぼくの、わたしのを言っています。
わがはいの、とか
あちきの・・とか
兄弟喧嘩みたいにくだらないことで喧嘩して仲直り。
よかった
(らずもねさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中川 ひろたかさんのその他の作品

いのちのたべもの / おむかえパパ / からだ・あいうえお / ゆうびんやさんの ココリさん / きょうはたんじょうび / おとのさま、スキーにいく



『海を飛ぶたね』<br> 暁ーAkatsuki―さんインタビュー

ぼくたちの ピーナッツ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット