だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
こそあどの森の物語(11) 水の精とふしぎなカヌー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こそあどの森の物語(11) 水の精とふしぎなカヌー

  • 児童書

「こそあどの森の物語」シリーズ

子どもレビュー募集中

作・絵: 岡田 淳
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年10月
ISBN: 9784652200278

小学中級〜上級向
A5上製 192ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


岡田淳さんにインタビューしました!

出版社からの紹介

足をケガしたトワイエさんにたのまれて屋根裏部屋に荷物を取りにきたスキッパー。だれもいないはずの部屋にだれかいる……? ふたごは、小さな小さなカヌーを川でひろい、小さなひとをさがしに川上に探検に出発します。

●編集者コメント
日本のムーミン谷とも言われる「こそあどの森」は、その名の通り、どこにあるかわからないふしぎな森。その森に生まれる物語は、1作1作が豊かで新鮮な魅力をたたえています。日本屈指のストーリーテラーのライフワークのシリーズです。

ベストレビュー

ふたつのお話

水の精とふしぎなカヌーのふたつのお話です。
ひとつめの水の精のお話のほうが好きでした。シリーズを読んでいるとより楽しいと思えるお話だと思います。トワイエさんが目立ちます。
ふたつめのふしぎなカヌーのお話はふたごちゃんが目立ちます。ふたごちゃんの想像力ってすごいですね、面白いです。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

岡田 淳さんのその他の作品

森の石と空飛ぶ船 / きかせたがりやの魔女 / わすれものの森 / そこから逃げだす魔法のことば / カメレオンのレオン 小学校の秘密の通路 / 魔女のシュークリーム



お気に入りのくだものはどれ?

こそあどの森の物語(11) 水の精とふしぎなカヌー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット