庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
物語ること、生きること
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

物語ること、生きること

著者: 上橋 菜穂子
構成: 瀧 晴巳
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年10月15日
ISBN: 9784062185684

四六判 191ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

大好きなことを仕事にできたら、どんなにいいだろう。
みなさんの中にも、そんな憧れを抱いている人がきっといると思います。
私も、そんなひとりでした。
子どものころから、たくさんの物語を夢中で読んできました。いつかこんな物語を、自分でも書けるようになりたい。どうしたらそれができるようになるのかもわからないまま、手探りで道を探していたのです。
(本文「はじめに」より)

「獣の奏者」、「守り人」シリーズなど、ベストセラーを生みつづける児童文学作家・上橋菜穂子による、読書する喜びと自身の体験、そして物語を書くことについての、初めての語りおろし。

ベストレビュー

進むべく道に迷っている人への応援歌

上橋先生のファンの方も、作家になりたい方も必見!のとても素敵な作品でした。

先生の小さい頃の逸話(特にウルトラマンの話は涙が出るほどかわいいです!)や、本に対する強い思い、アボリジニの研究者としての活動など、改めて上橋ワールドの土台を感じさせていただきました。

上橋先生のおばあちゃんにも会えることならぜひお会いしたいものです。そして、おばあちゃんの昔話を聞かせてもらいたいなぁと、つくづく思いました。

本書は、(たぶん)本を書きたい人へのメッセージとして描かれていますが、自分の進むべく道に迷っている人何かの夢を追いたいと思っている人への応援歌とも感じました。
分かり易い文章でまとめてあるので、中学生くらいのお子さんからでも十分読めるし、楽しめると思います。
超・おススメの作品です。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子19歳、女の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


上橋 菜穂子さんのその他の作品

増補改訂版 「守り人」のすべて / 軽装版 炎路を行く者 ―守り人作品集― / 鹿の王 上 / 鹿の王 下 / 明日は、いずこの空の下 / 炎路を行く者−守り人作品集−



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

物語ること、生きること

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット