あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
被爆者 60年目のことば
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

被爆者 60年目のことば

  • 児童書
写真・文: 会田 法行
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年07月
ISBN: 9784591087312

小学校中学年〜
26.5cm x 22cm 42ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ヒロシマ・ナガサキで被爆してから60年目。6人の被爆者を描いた写真絵本。戦争、平和、生きることの意味を静かに語ります。

ベストレビュー

大人がまず読んでみる

息子の夏休みの宿題が「戦争を深く考えよう」ということで、20冊ほど読みリストを作ってみたところ、

原爆に関しては広島関連の方が多く、広島比べ長崎のものが少ないのでは?と思い「長崎 原爆」で検索をかけて出てきたのがこの本でした。

宿題の内容としては手記・日記のようなものが好ましいとあるので、6
人のインタビューから成り立つこの本はどうだろうと読んでみたのがきっかけです。

体にも心にも刻まれた原爆の傷跡。この方々は幾夜眠れぬ夜を過ごされたことだろうと思うのです。

戦争を経験したことのない世代である私には読んで感じること、考えることしかできません。

戦争関連の本を読んでいくうちに、戦争の本を読むには気力がいることそして、子どもにと勧める前に大人がまず読んでみるべきではないだろうかと。

過去を知り今をしっかり生きるということを考えるのであれば、大人がまず読んでみる、そんなことを思いました。

平和は当たり前なことでできているのではない。戦争のない今が続いていくためには?大人は大人の責任としてそのことを考えていかなくてはいけないのではないだろうかと思うのです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

会田 法行さんのその他の作品

続・被爆者 70年目の出会い / トイレをつくる 未来をつくる / 春を待つ里山 / 砂上の船 水上の家 / プロイ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

被爆者 60年目のことば

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット