しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
こひつじまある
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こひつじまある

  • 絵本
文・絵: 山内 ふじ江
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

絵本クラブ
発行日: 2013年10月25日
ISBN: 9784001112412

3・4歳から
25.9×25.2cm 28ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

あかちゃんのほっぺたのようにほんのり桃色に染まった表紙。
花びらのようなおくるみを大切に抱えているこひつじは、ぬいぐるみ「まある」。
優しいぬくもりがあふれだすその表紙をめくると、そこはまどろみの夢の世界が待っています。

物語は、糸瓜(へちま)のなる小さな家からはじまります。
女の子と猫は、おひるねをやめて庭であそび、眠っているのはバギーにのせられたぬいぐるみの「まある」だけ。そして、まあるが目覚めた瞬間からこの絵本の中でもう一つの物語が動き出します。目覚めたまあるは立ち上がって、お花や木々と会話をし、はぐれてしまったもぐらのあかちゃんを抱きながら自らもぐらの母さんを探し始めるのです。そのことを女の子も猫も気づいていません。まあるは、初めて足を踏み入れた未知の場所で何を見て誰と会話をしたのかしら。もぐらの母さんをたった一人でみつけられたのかしら。そしてちゃんとへちまのお家まで帰れたのかしら。
たくさんの疑問符を胸に秘めながら、瑞々しく描かれたまあるの不思議な大冒険を通してあなたは何を感じるでしょうか。

近寄ってそっと耳のそばで語りかけてくるような優しい調べにのって、命あるものの生命の揺らぎを力強く描いた山内ふじ江さん。登場する動物たちはもちろんのこと、木々や花々、野菜たち、風に舞う花びらさえも、絵本の中で命を宿し、そっとページが開かれるその瞬間までじっと身を潜めているのです。この絵本は、山内さんが30年以上じっくりとあたためてきた命の物語。深い深い澄んだ湖のように、のぞけばのぞくほどその深淵は奥深く、多くを語らずとも、絵本を読んだ子ども達の心の奥底に響くことでしょう。
読めば読むほど味わい深い忘れられない絵本になりそうです。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

こひつじまある

出版社からの紹介

まあるは、女の子の大好きなこひつじのぬいぐるみ。ある昼下がり、外につれだされたまあるは、ひょんなことから、まいごになったもぐらの赤ちゃんをだいて、ふしぎな冒険をします。光と風に包まれた一瞬のファンタジー。草木や動物たちのいのちの響き合いを、やわらかな色彩で、ていねいに描いた快作です。

ベストレビュー

愛情あふれる絵本

もぐらの赤ちゃんを守ろうと一生懸命なぬいぐるみの「まある」。
赤ちゃん見たさに無邪気に飛んでくる森の植物たち。
皆でまあるを助けてくれる動物たちの楽しそうな表情。
すべてが温かくて、こんな風にみんなで子どもたちを見守り育てていけたらいいなあ、と思わせてくれます。
『かはたれ』『貝の子プチキュー』の絵を描いた山内ふじ江さんの優しい絵本でした。
(usakumaさん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山内 ふじ江さんのその他の作品

鳥よめ / 答えは子どもの中、お母さんの中に / ねてるの だあれ / クリスマスのちいさなおくりもの / それはもりのこもりうた / たそかれ 不知の物語



ねえ、「コワイ」って、もってる?

こひつじまある

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット