だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
よーいよーいよい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

よーいよーいよい

  • 絵本
作・絵: さいとう しのぶ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「よーいよーいよい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年06月
ISBN: 9784893253033

23×21cm・40P

みどころ

のんびりまったり、ゆっくりとしたおじいちゃんの時間が味わえる心地の良い絵本です。
「よーい よーいよい」はおじいちゃんが歩くときの口ぐせ。
ちなみに音程は奥付けにも書いてある通り、真ん中の「よーい」が少し低く下がります。
時々家に泊まりにくるおじいちゃんと、孫の「わたし」が近所を散歩するお話で「よーいよーいよい」の繰り返し、
それはもうのんびりとした(忙しい大人にはちょっと退屈しちゃうほど?)はやさで進んでいきます。
でも、実は町の様子や通りすがりの人、おじいちゃんのふとしたしぐさや表情などが本当にじっくり描かれており、
「よーいよーいよい」のペースじゃないと味わえない要素がたっぷり詰まっているんです。
試しに小さな子どもに読んでみてください、退屈な顔なんて全然していないはず。
じいじと小さな子どもが仲が良いのには、この辺りに秘密があるのかもしれませんね。
大人気『あっちゃんあがつく』の作者さいとうしのぶさんのデビュー作なのだそう、絵を見ているだけで物語が浮かびあがってくる気がするのも納得です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

私の家には、ときどきおじいちゃんが泊まりにきます。「よーい よーいよい」は
おじいちゃんが歩くときの口ぐせ。マイペースで歩くおじいちゃん といっしょに散歩すると、
ふだん見ている景色もいつもと違うみたいで…。
どこかなつかしい風景の中で繰り広げられるおじいちゃんと孫のふ れあいを描きます。
「あっちゃんあがつく」(リーブル)などでおなじみ、
生活感ただよう作風で人気のさいとうしのぶのデビュー作品です。

よーいよーいよい

ベストレビュー

ほのぼの

おじいちゃんと孫のほっこり懐かしい散歩を描いた作品。昭和を連想させる挿絵に惹かれて読んでみましたが、このような挿絵大好きです。内容も昭和の下町風で、今は亡きおじいちゃんとの思い出もよみがえりました。
何か大切なものを思い出させてくれる一冊です。
(スップノーマイさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さいとう しのぶさんのその他の作品

いぬのおまわりさん / 行事とあそび えはがきえほん / おみせやさんでくださいな! / ちょっと昭和な関西の味 / まほうのれいぞうこ / おはなし きょうしつ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

よーいよーいよい

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット