もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
2歳のどれ?クイズのりもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

2歳のどれ?クイズのりもの

監修: 榊原 洋一
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年11月
ISBN: 9784062689694

2歳
ワイド判 63ページ

出版社からの紹介

どれ? でひろがる言葉の世界

絵本は、読み聞かせをするおうちの方と子どもの絆を深めるだけでなく、より細かい言葉の意味を知る有効な手段になります。
(監修者:お茶の水女子大学大学院教授 榊原洋一)

コンセプトは「親子のふれあいで育てる、ことばのちから」です。
まず、身近なものの名前をたくさんおぼえることをめざします。
具体的には、3択の指さしクイズです。タイトルにあるように、「○○は、どれ?」と子どもに問いかけて、指さしで答えさせます。筆記用具不要で、いつでもどこでもできます。
一見開き3点、のりものの写真を配置して、どの名前もおぼえさせ、次の見開きで正解ののりものについてくわしく説明する、というパターンをくりかえします。

子どもが2歳になるころには、大人が問いかけることのかなりの部分を理解していると感じることが多くなります。
しっかり歩けるようになって行動半径が大きくなり、興味の対象もひろがります。
表現の力を蓄えているこの時期、さまざまな機会をとらえて、いっぱいお話をしてあげましょう。
この絵本で、お子さんとの会話をさらに楽しいものにしてください。

2歳のどれ?クイズのりもの

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

榊原 洋一さんのその他の作品

3歳のえほん百科 / 4歳のえほん百科 / 1歳のどっち?クイズ たべもの / 3歳のなあに?クイズどうぶつ / 3歳のなあに?クイズのりもの / ディズニーキッズてんつなぎ(2歳・3歳・4歳)学研わくわく知育ドリル



お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

2歳のどれ?クイズのりもの

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット