宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
にいさんといもうと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

にいさんといもうと

  • 絵本
作: シャーロット・ゾロトウ
絵: メアリ・チャルマーズ
訳: 矢川 澄子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥780 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「にいさんといもうと」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1978年
ISBN: 9784001151367

4.5歳以上

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

小さな妹がかわいくてしかたないのに,からかって泣かせてばかりいるお兄さん.幼いきょうだいがいれば,どこの家庭でもみられる日常風景を,愛情あふれる筆で描いたほほえましい絵本.

ベストレビュー

ひとつ、おねえさんに。

5歳の娘と読みました。

小さい頃は、こちらがじょうだんのつもりで何か言っても、そのままに受け止めて反応するので、おとなは困ったりおかしかっりするのと同時に、言葉そのものを信じる子供の姿に純粋さも感じていました。

でも、気がつけば、いつのころからか、それなりに冗談を見抜くようになりました。それには、この絵本の女の子のように、気づきがあり、やはり自分の目で見て、自分で判断する力が芽生えたということ。

言葉にまともに反応する時期の愛しさも感じ懐かしさを感じると同時に、ひとつおねえさんになった姿にほっともしました。

娘もなにを感じたのか、気に入った様子でした。
(おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おどりたいの
    おどりたいのの試し読みができます!
    おどりたいの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    絵本『わすれもの』の豊福まきこさんの最新作! 森のはずれでバレエに出会った子うさぎは…

シャーロット・ゾロトウさんのその他の作品

おやすみおやすみ / おにいちゃんといもうと / いっぽ、にほ・・・ / おとうさん / なかなおり / おじいちゃんがだっこしてくれたよ

矢川 澄子さんのその他の作品

タイコたたきの夢 / 岩波少年文庫 魔法の学校 −エンデのメルヒェン集 / グリム童話 おどる12人のおひめさま 新版 / グリム童話 いばらひめ 新版 / 名作を1冊で楽しむ ギリシア神話 / 12月くんの友だちめぐり



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

にいさんといもうと

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット