ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
かげまる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かげまる

  • 児童書
作: 矢部美智代
絵: 狩野 富貴子
出版社: 毎日新聞社

本体価格: ¥1,300 +税

「かげまる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年12月
ISBN: 9784620200095

A5

内容紹介

かげまるは元気な影の子ども。ずっと仲良しだったけんた君が、最近はいくら話しかけても返事をしてくれない。一人前の影の子になって、また、けんた君に気づいてもらおうと、かげまるは旅に出る…。

ベストレビュー

本当にいるのかな?

「影」の存在って
妖精とか守護神とか・・・
ではなくって
なんとなく、マイナスイメージです

かげまるくんは
かげまるくんなりに
けんたくんに寄り添っていたけど
自分の存在に気付かなくなったことを気にしてます
先輩のシャドウ先輩が
「旅に出ろ」と強制的に出されちゃう

かげまるくんはいろんな人や動物と出逢い
自分なりにいろいろ考えます
いいことばかりではありません
それがいい感じ

どうして?と考えることは大切です

親切、やさしくされると自分もやさしくしたくなります
いじめるのは、何かしら原因があるらしい
いじめておわりではないことに
ほっと一安心
謝ることも大切ですよね

見た目はきびしくても
きちんと見守ってくれていたり

旅は、とってもいい勉強になりましたね

くっつき過ぎず、離れ過ぎずの「関係」が
いいのかもね
私にもかげまるくん来ないかな(^^ゞ
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


矢部美智代さんのその他の作品

あかちゃん、がんばれ! / もどれっ!ルイ / めそめそけいくん、のち、青空 / ディズニープリンセス プレミアム コレクション 眠れる森の美女 / 語りかけ絵本 3さいの本 世界のおはなし / もりのせんたくやさん

狩野 富貴子さんのその他の作品

なかよしおまもり、きいた? / モモンガくんとおともだち / 戦争と平和のものがたり(2) 一つの花 / 白い自転車、おいかけて / おばあちゃんはかぐやひめ / 心すくすく はじめてであう伝記



お気に入りのくだものはどれ?

かげまる

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット