アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
クリスマスの物語 ライオンと一角獣とわたし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クリスマスの物語 ライオンと一角獣とわたし

  • 絵本
文: ジャネット・ウィンターソン
絵: リスベート・ツヴェルガー
訳: 池田 香代子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

本体価格: ¥1,600 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年12月
ISBN: 9784776406112

26×28cm 23頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

クリスマスというと、イエス・キリストが生まれた日。そこにはどんな物語があったのでしょうか。聖夜のできごとが、斬新な視点とツヴェルガーの美しい絵とともに描きだされていきます。

遠い昔。天使が身重のマリアが乗るための動物を選んでいました。最後に残ったのは、ライオン、一角獣、ロバ。そして、天使とのやりとりのあと最終的に選ばれたのは、わたし、ロバでした。

お腹の大きなマリアを背中に乗せ、ヨセフに引かれて、ロバは小さな町ベツレヘムへと向かいます。ようやく町へたどりつくと、人々でごった返していて宿屋はいっぱい。根気よく泊まるところを探し回っていたヨセフは、ようやく厩を借りることができました。

動物たちは知っていました。この夜なにかただならぬことが起きる、と。
やがて厩には光が満ち、細長いラッパを背負った美しい天使たちがどこからともなくやってきました。そう、お産が近づいているのです――。

ロバの視点で語られるこのお話は、イエスの降誕劇に、生き生きとした新鮮さと、温かみをふきこみます。たとえば自分たちの鋭い勘で気づいたことを動物同士で話し合ったり、自分たちのネットワークを通じて、いく人もの賢者たちがベツレヘムへ向かっていることもわかっています。
マリアが産気づき、人間たちが準備に奔走する一方で、ロバはずっとえさを食べつづけているのです。だってずっと歩き通しでお腹がすいていますからね。

静謐な空気と、人間の生活の雑多さ、そして動物視点ならではの意外な描写。それらが絶妙に重なり合って、独特の空気をかもしだしています。それがとても魅力的なのです。

冒頭の候補動物を選ぶときに、とても印象に残ったシーンがあります。ロバはこう言うのです。「はい、そのかたが世界の重荷を引き受けられるなら、わたしに乗られるのがもっともふさわしい」と。
たくさんの人に光と希望を与えながら、自らは茨の道を歩む人。幼い赤ん坊の運命を知っているからこそ、この素朴な言葉の持つ重みがじわじわと胸に迫ってきます。

造本もすばらしく、静かな夜に、じっくりと味わいたい一冊です。

(光森優子  編集者・ライター)

出版社からの紹介

遠い昔、天使が舞い降り、動物たちを選び始めました。
身重のマリアがベツレヘムへと旅をするので、マリアを乗せる動物を選ぶのです。
ノアの箱舟に乗せた生き物のリストから、天使は最適の動物を選び始めます。
最終選考まで残ったのは、ライオンと一角獣とロバのわたしでした。
新たな視点で新約聖書の世界を描いています。
絵は、国際アンデルセン賞受賞作家のリスベート・ツヴェルガー。
繊細で斬新なイラストで贈るクリスマスの物語です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!

ジャネット・ウィンターソンさんのその他の作品

カプリの王さま

リスベート・ツヴェルガーさんのその他の作品

喜劇レオンスとレーナ / おやゆびひめ / リスベート・ツヴェルガーの世界 / モルゲンシュテルンのこどものうた / ノアの箱舟 / ハーメルンの笛吹き男

池田 香代子さんのその他の作品

21世紀版少年少女世界文学館(16) アルプスの少女 / 岩波少年文庫 飛ぶ教室 / 岩波少年文庫 ふたりのロッテ(改訳) / 11の約束 / 岩波少年文庫 49 少年の魔法のつのぶえ ドイツのわらべうた / 岩波少年文庫 60 点子ちゃんとアントン



「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

クリスマスの物語 ライオンと一角獣とわたし

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット