雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
にひきのよくばりこぐま ハンガリーの民話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

にひきのよくばりこぐま ハンガリーの民話

  • 絵本
訳: 内田 莉莎子
絵: 坂口 知香
出版社: 風濤社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年06月
ISBN: 9784892193644

AB判上製 48ページ

出版社からの紹介

「しあわせをつかもうと旅にでた兄弟ぐま。
朝から晩まで歩きつづけ、お腹ペコペコ。
「なんだろう、あれは!」
道の真ん中に大きなチーズ!
自分の分を大きくしようと大喧嘩の兄弟、
そこへやってきた、ずるキツネ。
チーズをとると片方を大きく割りました。
「あっ、あんなに大きさがちがうよ!」
チーズはみるみる小さくなって……
よくばりはダメよ!

陶器の兄弟ぐまが、いい表情! 新たな〈くまの子絵本〉登場。

ベストレビュー

兄弟げんかの果て

ロシアや東欧の民話などの翻訳の多い内田莉莎子さんによるハンガリー民話。
深い深い森の奥に住む二匹のこぐまたちは大きくなって、
将来の夢を思い描き、旅をしたくなるのです。
そんな二匹をお母さんぐまは快く送り出してくれますが、
「けんかをしないように」と助言します。
ところが、お腹のすいた兄弟は道中チーズをめぐってけんかしてしまうのです。
漁夫の利さながら、通りがかったキツネにまんまと食べられてしまうくだりは、
さながらイソップ寓話みたいですね。
立体イラストレーターによる絵で、こぐまたちの様子が陶器で表現されているのが目新しいです。
こぐまたちの絶妙な表情や目線が絶妙です。
ただ、ハンガリー民話なので、おにぎりが登場するのがちょっと残念です。
そのあたりも、ハンガリー風にこだわって欲しかったです。
(レイラさん 40代・ママ 男の子19歳、男の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


内田 莉莎子さんのその他の作品

ビアンキの動物ものがたり / ロシアのわらべうた / 福音館文庫 ぞうのドミニク / The Gigantic Turnip おおきなかぶ(英語版) / 福音館文庫 太陽の木の枝 / 福音館文庫 ロシアの昔話

坂口 知香さんのその他の作品

ふむふむふーん



『小さな家のローラ』<br>安野光雅さんインタビュー

にひきのよくばりこぐま ハンガリーの民話

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット