だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【クリスマスプレゼントにオススメ♪】 一目惚れ続出の「乗れちゃうはらぺこあおむし」。大人気販売中です!
ピーターラビット クリスマスのおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピーターラビット クリスマスのおはなし

  • 絵本
文: エマ・トンプソン
絵: エレノア・テイラー
訳: 三辺 律子
出版社: 集英社 集英社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

「ピーターラビット クリスマスのおはなし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

▼ 絵本とあわせて、贈り物にも自分用にも。
>>「ピーターラビット」グッズはこちら

出版社からの紹介

好評!! 新しいピーターラビットの大型絵本第2弾。従兄弟のベンジャミン・バニーとピーターが友だちの命を助ける心温まる物語が、冬の湖水地方を舞台に描かれます。クリスマスの贈り物としておすすめBest1商品。

ベストレビュー

七面鳥ウィリアムの天国と地獄

クリスマスと七面鳥といえば、なんとなくメインディッシュを想像してしまうのですが、能天気な七面鳥ウィリアムは他人事のように、クリスマスを喜んでいます。
なにしろ、毎日のようにごちそうにありつけているのだから、クリスマスはきっと楽しいに違いない、なんて。

ピーターとベンジャミンの、ウィイリアム救助作戦が始まります。

見ていて楽しい、クリスマスのピーターラビット。
エマ・トンプソンの語るピーターラビットは一味違いました。

スリリングで、心和むクリスマスストーリーでした。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

エマ・トンプソンさんのその他の作品

ピーターラビット もうひとつのおはなし

三辺 律子さんのその他の作品

夢の彼方への旅 / サンタクロースの11かげつ すてきなきゅうかのすごしかた / ほんとうに怖くなれる幽霊の学校 / 世界を7で数えたら / おじゃまなクマのおいだしかた / 岩波少年文庫 615 少年キム(上)



葉祥明さんの描く不朽の名作

ピーターラビット クリスマスのおはなし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット