貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ピーターラビット クリスマスのおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピーターラビット クリスマスのおはなし

  • 絵本
文: エマ・トンプソン
絵: エレノア・テイラー
訳: 三辺 律子
出版社: 集英社 集英社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ピーターラビット クリスマスのおはなし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

▼ 絵本とあわせて、贈り物にも自分用にも。
>>「ピーターラビット」グッズはこちら

出版社からの紹介

好評!! 新しいピーターラビットの大型絵本第2弾。従兄弟のベンジャミン・バニーとピーターが友だちの命を助ける心温まる物語が、冬の湖水地方を舞台に描かれます。クリスマスの贈り物としておすすめBest1商品。

ベストレビュー

七面鳥ウィリアムの天国と地獄

クリスマスと七面鳥といえば、なんとなくメインディッシュを想像してしまうのですが、能天気な七面鳥ウィリアムは他人事のように、クリスマスを喜んでいます。
なにしろ、毎日のようにごちそうにありつけているのだから、クリスマスはきっと楽しいに違いない、なんて。

ピーターとベンジャミンの、ウィイリアム救助作戦が始まります。

見ていて楽しい、クリスマスのピーターラビット。
エマ・トンプソンの語るピーターラビットは一味違いました。

スリリングで、心和むクリスマスストーリーでした。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

エマ・トンプソンさんのその他の作品

ピーターラビット もうひとつのおはなし

三辺 律子さんのその他の作品

夢の彼方への旅 / フローラ The One Memory of Flora Banks / 世にもおそろしいフクロウおばさん Awful Auntie / パンツ・プロジェクト / 緑の霧 / サンタクロースの11かげつ すてきなきゅうかのすごしかた



フリフリえほん たかいよしかずさん&編集者・清水剛さん インタビュー

ピーターラビット クリスマスのおはなし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット